キリスト教修道制 周縁制と社会性の狭間で

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
SUP上智大学出版/発行  (株)ぎょうせい/発売  豊田浩志/著者
判型
A5・326ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300060-00-000
ISBNコード
978-4-324-07055-0
発行年月
2003/04
販売価格
3,740 円(税込み)

内容



キリスト教における「東方起源」に焦点を当て、修道制を現代に位置づけようとする、我が国第一線の研究者による意欲的学術論文。

21世紀初頭の混迷する社会状況下で、キリスト教の「使信」はいかなる有効性をもちうるか、修道制に学ぶものは何かを、各ジャンルの専門家が考察します。



目次


・古代末期におけるキリスト教修道制の成立と発展
・テクラ崇敬と女性
・ビザンツの静寂主義的修道制における「修行」の意義
・中世の荒れ野――仮想現実の楽園
・アイルランド修道制(6〜12世紀)
・中世キリスト教社会の周縁にいる女性たち
・ベギン――信仰と業の合一を求めて
・16世紀新修道会のなかの「イエズス会」の意義

最近見た書籍

  • 教養・一般
    キリスト教修道制
    3,740円(税込み)

新着書籍

  • 教養・一般
    キリストにおける新たなまなざし
    1,870円(税込み)
  • 教養・一般
    忘れられた米軍ハウス
    2,200円(税込み)

売れ筋書籍ランキング