カトリック教会論への招き

編著者名
SUP上智大学出版/発行(株)ぎょうせい/発売
増田祐志/著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300248-00-000
ISBNコード
978-4-324-10047-9
発行年月
2015/12
販売価格
2,160 円(税込み)

内容

みずからの使命を問い直してきた教会の歴史とともに、現代抱える課題や挑戦にも切り込んだ「カトリック教会論」!

・「教会論」とは、キリストの教会を神学的方法論に基づいて考察しその本質と使命をあきらかにする学問分野。

・日本人著者によるカトリック教会論の教科書は、過去30年間出版されておらず、本書はその間の議論をまとめました。

・教会組織の構造・制度の成り立ちや、各時代において直面した困難と克服、周辺社会や文化とのかかわりなどの要素を含む議論を展開します。教会を特徴づける四つの属性「一」「聖」「普遍」「使徒継承」についてはそれぞれ一章を設けて論じます。


目次


第一章 教会論の対象、課題、方法

第二章 イエスと教会 ―イエスから新約聖書時代まで―

第三章 教会の確立 ―教父時代まで―

第四章 キリスト教世界の形成 ―権力、闘争、改革―

第五章 宗教改革から第一バチカン公会議へ ―改革、理性、革命、保守―

第六章 第二バチカン公会議 ―適応、刷新、対話、混乱―

第七章 教会の一致

第八章 教会の奉仕職(ミニストリー)

第九章 教会と文化

第一〇章 教会と社会


--------------------------------------
 著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 増田 祐志…ますだ・まさし/上智大学神学部教授。キリスト教文化研究所所員。

最近見た書籍

  • 教養・一般
    カトリック教会論への招き
    2,160円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    国土交通省機構関係法令集 平成29年版(
    3,996円(税込み)
  • 行政・自治
    ぎょうせいダイアリー2018 A5判(予
    1,080円(税込み)

売れ筋書籍ランキング