フランス・オペラの魅惑

舞台芸術論のための覚え書き
編著者名
SUP上智大学出版/発行(株)ぎょうせい/発売
澤田肇/著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300179-00-000
ISBNコード
978-4-324-09403-7
発行年月
2013/03
販売価格
2,057 円(税込み)

内容

オペラ初心者から愛好家まで、フランス・オペラを体系的に学びたい人に最適な一冊!!

●17世紀から20世紀までの代表的なフランス語によるオペラ20作品を、作曲者と原作、その作者、および背景にある歴史的・美学的な解説とともに紹介。

●フランスにおけるオペラの発展と変遷を、10のトピックから楽しく学べます。

目次


第1部 フランス・オペラの歴史 10のトピックから文化の背景を発見する
 1 あらゆる舞台芸術は太陽王のために
 2 ヴェルサイユ宮殿と王立音楽アカデミー
 3 カストラート天国と舞台に女形はいない国
 4 フランス人は芸術論争が大好き
 5 オペラは革命の温床か?
 6 パリのオペラ座とイタリア座
 7 ディーヴァはフランスで誕生
 8 グランド・オペラは19世紀の華
 9 パリ万博とガルニエ宮
10 現代オペラの主役は歌手か演出家か?

第2部 フランス・オペラの世界 20の傑作から魅惑の舞台を探索する
 1 カドミュスとエルミオーヌ
 2 優雅なインドの国々
 3 オルフェとウーリディス?
 4?ポルティチの物言えぬ娘
 5 ギヨーム・テル
 6 ユダヤの女
 7 ユグノー教徒
 8 ファウスト
 9 トロイア人
10 ハムレット
11 カルメン
12 サムソンとダリラ
13 ホフマン物語
14 ラクメ
15 マノン
16 ルイーズ
17 ペレアスとメリザンド
18 アリアーヌと青ひげ
19 カルメル会修道女の対話
20 アッシジの聖フランソワ



編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)

澤田肇…さわだ・はじめ
1952年、北海道に生まれる。上智大学卒業、パリ第3新ソルボンヌ大学大学院博士課程修了(文学博士)。現在、上智大学文学部教授。専攻、フランス文学。主な著書に『神話的世界と文学』(上智大学出版、2006年、共著)、『危機のなかの文学』(水声社、2010年、共著)などが、主な翻訳に『エル・ベルドゥゴ』(『バルザック幻想・怪奇小説選集3』所収、水声社、2007年)、『鞠打つ猫の店』(『バルザック芸術/狂気小説選集1 絵画と狂気篇』所収、水声社、2010年)などが、主な論文に主な論文に? Balzac au croisement des arts : peinture, op?ra et danse ? (L’Ann?e balzacienne 2011, Presses universitaires de France)、「幻想はロマン主義の特性か -バルザックと同時代の画家たち-」(『上智大学仏語・仏文学論集』第46号、2012年)などがある。

最近見た書籍

  • 教養・一般
    フランス・オペラの魅惑
    2,057円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    地方財務判例 質疑応答集(予約)
    10,800円(税込み)
  • 行政・自治
    会計課のシゴト(予約)
    2,160円(税込み)

売れ筋書籍ランキング