在庫なし

新しい経済社会学 日本の経済現象の社会学的分析

編著者名
SUP上智大学出版/発行  (株)ぎょうせい/発売  渡辺深/編集
判型
A5・280ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300088-00-000
ISBNコード
978-4-324-08151-8
発行年月
2008/02
販売価格
1,980 円(税込み)

内容



「生保外交員はなぜ女性なのか?」「夫婦間の経済勢力は何で決まるのか?」など、日本の様々な領域の経済現象を分析することで、新しい経済社会学という理論モデルを紹介する書。

身近な話題を取り上げ、経済社会学の入門書としてお読みいただけます。

大学生など経済学・経済社会学を学ぶ人だけでなく、経済学部卒の人や、「経済入門」のような本を好む人にもお薦めの1冊です。



目次


序章 新しい経済社会学の概念枠組

1 生命保険と貨幣−ゼライザーの経済社会学
 ・生命保険エージェントの女性化に関する試論
 ・地域通貨への経済社会学的アプローチ

2 労働市場とジョブ・マッチング過程――グラノヴェターの経済社会学
 ・NPO労働市場のジョブ・マッチング過程――非営利活動への参加経路
 ・転職者のジョブ・マッチング過程

3 エスニシティとジェンダー
 ・韓国人ニューカマー企業家――起業過程と資源動員
 ・夫婦間の勢力と4つの資本


--------------------------------------


編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 渡辺深…わたなべ・しん/上智大学総合人間科学部教授

最近見た書籍

  • 教養・一般
    新しい経済社会学
    1,980円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    新教育ライブラリ PremierⅡ(プレ
    15,180円(税込み)
  • 税務・経営
    芸能人・芸能事務所の法務と税務(予約)
    3,080円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ