徹底討議 日本のエネルギー・環境戦略

編著者名
SUP上智大学出版/発行 (株)ぎょうせい/発売
柳下 正治/編著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300214-00-000
ISBNコード
978-4-324-09737-3
発行年月
2014/03
販売価格
3,024 円(税込み)

内容

(株)エネルギージャーナル社「週刊エネルギーと環境」(2014年8月7日発行、NO.2295号)に掲載されました。


3.11以降、我が国の最重要課題となった日本のエネルギー政策を考える上で必読の書!

淑徳大学教授 北野大先生 推薦!!
―エネルギー問題は産業、国民生活、環境などの多くの分野と関連しています。どのようなエネルギーを選択するか、これは現世代の私たちばかりでなく、次の世代にも大きな影響を与える問題です。(中略)本書により国民的議論に発展されることを期待しています。


本書は、上智大学創立100周年記念事業として開催された連続講演会「我が国のエネルギー・環境戦略を考える」の記録であり、また2012年夏、国のエネルギー政策決定過程に関わった専門家・有識者を招いての講演やパネル討議から、いま国民が議論すべき論点や争点を明確にするもの。

◆エネルギー、原子力、地球温暖化の分野について、各分野の第一人者らによる討議を収録。
 各分野で立場を異にする専門家が、エネルギー・環境問題の現状を示すとともに、国をあげて議論すべき「課題」と「論点」を解説。

◆原発推進か、脱原発依存か。
 核燃料サイクルのあり方、放射性廃棄物の処分問題、低炭素社会戦略のあり方などに関しても専門家が言及する。

目次

第一章 革新的エネルギー・環境戦略の政策決定過程        

第二章 「革新的エネルギー・環境戦略」策定に向けた国民的議論

第三章 我が国のエネルギー・環境戦略を考える
 1 エネルギー・環境戦略の課題                

 2 3・11後のエネルギー政策の論点 ――二項対立の実態   

第四章 日本の原子力政策――今後歩むべき道筋と課題
 1 3・11福島事故以降の原子力政策             

 2 放射性廃棄物と核燃料サイクル                

第五章 脱原子力依存・低炭素社会を展望する
 1 エネルギーシステムインテグレーション
      ――なることはなす、ならぬことはならぬ          

 2 日本低炭素社会を展望する                  

第六章 シンポジウム
    「革新的エネルギー・環境戦略」を検証する――国民的議論から見えてきたもの


--------------------------------------


著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 柳下 正治:上智大学大学院地球環境学研究科教授

最近見た書籍

  • 教養・一般
    徹底討議 日本のエネルギー・環境戦略
    3,024円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    防災ダイアリー2018(予約)
    1,350円(税込み)
  • 行政・自治
    ぎょうせいダイアリー2018 A5判(予
    1,080円(税込み)

売れ筋書籍ランキング