市場社会とは何か――ヴィジョンとデザイン

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
SUP上智大学出版/発行  (株)ぎょうせい/発売  平井俊顕/編著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300087-00-000
ISBNコード
978-4-324-08150-1
発行年月
2007/05
販売価格
2,672 円(税込み)

内容


「市場社会とは何か」をテーマに欧米の代表的な経済思想家を取り上げ、彼らはどのような資本主義観を展開していたのか、自由や正義をどのように考えていたのか、先人の経済思想史の重要性を説く1冊です。



目次


序/平井俊顕

1 市場社会の特性を探る
 ・職分・正義・共通善――トマス・アクィナス/桑原光一郎
 ・経済発展と不平等――ヒュームとスミス/新村聡
 ・市場・国家・アソシアシオン――ワルラス/高橋聡
 ・知識・組織・潜在能力――マーシャル/藤井賢治

2 社会主義経済計算論争参加者の批判的思考
 ・進化論的・社会的合理主義――ミーゼス/尾近裕幸
 ・法人資本主義論――ハイエク/江頭進
 ・社会主義の合理的存立可能論――ランゲとドッブ/塚本恭章
 ・リベラル・インターナショナリズム批判――ポラニーとシュンペーター/中山智香子

3 ニュー・リベラリズム的展開
 ・古典的自由主義の修正と資本主義分析――グリーンとホブソン/八田幸二
 ・市場社会の悪弊とその除去――ケインズおよび彼の同僚/平井俊顕
 ・福祉国家の唱道――ミュルダール/藤田菜々子
 ・「自由主義」の変容――クラークとナイト/佐藤方宣
 ・「連邦主義」にみる自由主義――ロビンズとベヴァリッジ/小峯敦

終章 市場社会論と経済理論の関係――試論/平井俊顕


--------------------------------------


編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 平井俊顕…ひらい・としあき/上智大学経済学部教授

最近見た書籍

  • 教養・一般
    市場社会とは何か――ヴィジョンとデザイン
    2,672円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    教師・親のための 子ども相談機関利用ガイ
    2,860円(税込み)
  • 行政・自治
    公務員のためのインバスケットトレーニング
    1,650円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ