ライフサイエンスと法政策 ヒト由来試料の研究利用 試料の採取からバイオバンクまで

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
SUP上智大学出版/発行  (株)ぎょうせい/発売  町野朔、辰井聡子/共編
判型
A5・246ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300105-00-000
ISBNコード
978-4-324-08598-1
発行年月
2009/05
販売価格
1,728 円(税込み)

内容




<お客様へ(2009年9月14日追記)>



  • 本書籍の正誤表を公開いたします。
    目次下「関連リンク」(PDFファイル)をご覧ください。





ゲノム疫学研究の資源として、諸外国ではバイオバンクの整備が進められる一方で、わが国ではヒト由来試料の供給すら殆ど行われていません。
その一因は、ヒト由来試料に関し従来の生命倫理学・法学があまりに厳格な規制を行っている点にあります。
本書では、諸外国の動向を参考に、ヒト由来試料についてわが国の法的・倫理的枠組みを論じ、研究推進のための法政策を支援します。

【バイオバンクとは】
バイオバンクとは、オーダーメイド医療の実現化に向けた研究を目的として、約30万人のDNAおよび血清試料を集めるプロジェクトのこと。
2003年に文部科学省の「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」が発足し、実施にあたっている。
集められた遺伝子情報は生活習慣病などの病気と、遺伝子の個人差との関係の解明を目的に分析研究されているが、遺伝子情報を集めることによるプライバシー保護の問題や、倫理的問題などが議論となっている。



目次


1 バイオバンク事業の推進に向けた法的・倫理的課題の検討
2 ヒト由来試料の利用をめぐる諸問題
3 海外のバイオバンク


--------------------------------------


編者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 町野朔…まちの・さく/上智大学法学研究科教授
 辰井聡子…たつい・さとこ/明治学院大学法学部准教授

関連リンク



最近見た書籍

  • 教養・一般
    ヒト由来試料の研究利用 試料の採取からバ
    1,728円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    令和元年度 住民税のしおり(予約)
    140円(税込み)
  • 教育・文化
    全訂 学童保育ハンドブック~適切な運営の
    2,376円(税込み)

売れ筋書籍ランキング