立ち読み

弁護士の現場力 民事訴訟編

―事件の受任から終了までのスキルと作法―
編著者名
弁護士 髙中正彦・堀川裕美・西田弥代・関 理秀/著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108457-00-000
ISBNコード
978-4-324-10555-9
発行年月
2018/12
販売価格
3,240 円(税込み)

内容

「委任契約書にどのような記載をする?」
「相手方弁護士の情報はどこまで取得する?」
「和解条項案は積極的に提示する?」

今さら聞けない、自信が持てない “あの場面”を乗り切るヒントが詰まった一冊!

●民事訴訟の流れがわかる!
民事訴訟の一連の流れを7つの章に分けて、留意点とともにわかりやすく解説。重要な点は節ごとに抽出しているため、ポイントがしっかり押さえられます。

●弁護士業務のリアルが凝縮!
法律理論や解説書的な叙述は最小限にとどめ、ノウハウや実践経験の叙述に徹底。弁護士共通の悩みや不安、疑問を丁寧に切り出し、わかりやすく解説します。

●現場視点の生きた情報が満載!
現場において留意するポイントは何か、現場では何をすべきか、どういうことをすると失敗するのか、はたまた円滑な進行ができるか―― 若手から中堅、ベテランまで、明日からの実務に役立つヒントが詰まった一冊!

 

目次

● ActⅠ 事件受任の場面にて
広告をする/依頼者と初めて面談する/依頼者から話を聞く/委任契約書を作成する 
● ActⅡ 方針決定の場面にて
相手方と接触を図る/相手方に連絡する手段を考える/相手方と直接会って交渉をする/交渉決裂後の解決手段を選択する
● ActⅢ 提訴準備の場面にて
依頼者から聞き取りをする/証拠を収集する/訴状を起案する/訴状を裁判所に提出する
● ActⅣ 口頭弁論の場面にて
答弁書を作成する/口頭弁論に出頭する/準備書面を起案する/証拠を収集し提出する/ 訴えの変更と取下げ・反訴をする
● ActⅤ 証人尋問の場面にて
人証申出をする/尋問の打合せをする/尋問をする/尋問調書を取り寄せる
● ActⅥ 和解の場面にて
和解にどう臨むか/依頼者に和解を説明する/和解の申出をする/裁判所で和解交渉をする/和解条項を作成する/和解をどう成立させるか/和解調書を受領する
● ActⅦ 判決言渡しの場面にて
判決言渡しと判決受け取りに臨む/判決内容を検討する/控訴状を提出する/強制執行を準備する

 

著者プロフィール

●髙中正彦 昭和54年弁護士登録(東京弁護士会)。髙中法律事務所
●堀川裕美 平成19年弁護士登録(東京弁護士会)。日比谷見附法律事務所
●西田弥代 平成20年弁護士登録(東京弁護士会)。隼あすか法律事務所
●関  理秀 平成20年弁護士登録(東京弁護士会)。TMI総合法律事務所

(肩書は発刊時点、敬称略)

図書分類

最近見た書籍

  • 法曹・法務
    弁護士の現場力 民事訴訟編
    3,240円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    統一地方選挙の手引 平成31年(予約)
    2,300円(税込み)
  • 行政・自治
    自治体法務の基礎から学ぶ 指定管理者制度
    2,700円(税込み)

売れ筋書籍ランキング