ぎょうせい「学びのある」学校づくりへの羅針盤 スクールリーダーのための実務情報サイト

スクールリーダーの資料室

文部科学省

スクールリーダーの資料室 Education 2030 OECD Education 2030プロジェクトについて(日本語仮訳) 2018年2月 OECD(経済協力開発機構)

NEWトピック教育課題

2020.02.07

教育とスキルの未来:Education2030【仮訳(案)】

序文

 グローバル化の進展や技術の進歩の加速によって、我々は、社会、経済、環境など様々な分野において前例のない変化に直面している。こうした変化は、一方では、人類の進歩のために多くの新たな機会を提供するものでもある。未来は不確実であり、予測することは困難である。しかしながら、我々は常に将来の変化に対して開かれており、かつ準備ができていなければならない。2018年に学校に入る子供は、2030年には成人として社会に出ていくことになる。現時点では存在していない仕事に就いたり、開発されていない技術を使ったり、現時点では想定されていない課題を解決することなどについて、学校は子供たちに準備しておくようにすることができる。そうすることは、子供達が機会をつかみ、解決策を見つけるために果たすべき、私たちの共同責任となるだろう。

 そうした不確実な中を目的に向かって進んでいくためには、生徒は好奇心や想像性、強靭さ、自己調整といった力をつけるとともに、他者のアイディアや見方、価値観を尊重したり、その価値を認めることが求められる。また、失敗や否定されることに対処したり、逆境に立ち向かって前に進んでいかなければならない。単に自分が良い仕事や高い収入を得るということだけでなく、友人や家族、コミュニティや地球全体のウェルビーイングのことを考えられなければならないのである。

 教育を通じて、学習者は、自らの人生を形作り、また、他者の人生に貢献していくためのエージェンシーや目的意識、必要なコンピテンシーを身に付けることができる。そのためにどうするのが一番よいかについて、経済協力開発機構(OECD)では、「教育とスキルの未来2030」プロジェクトを実施してきた。このプロジェクトの目的は、各国が以下の2つの大きな問いに対する回答を見つけることを手助けすることにある。

● 現代の生徒が成長して、世界を切り拓いていくためには、どのような知識や、スキル、態度及び価値が必要か。

● 学校や授業の仕組みが、これらの知識や、スキル、態度及び価値を効果的に育成していくことができるようにするためには、どのようにしたらよいか。

 このポジション・ペーパーは、本プロジェクトのこれまでの初期段階の成果を示すものである。当初の枠組みは、世界中から様々なステークホルダーを含めた中で、繰り返し、見直しや検証が行われてきた。その中で、この枠組みが世界中で必要なものであり、様々な政策分野と整合的で、実施可能なものであることが確認されている。今後、2018年末までには枠組み作りの作業を完了する予定である。2019年には、ギアを入れ直して、この枠組みを教育方法や評価、学校や授業の仕組みのデザインなどに変換していくという新たな作業に取り組む予定である。

 各国の政策立案者、研究者、学校ネットワーク、教師、教育分野のリーダー、生徒、ソーシャル・パートナーと一緒に作業をすることで、この枠組みは、アイディアを交換したり、既に立証された実践や、あるいは今後有望な実践を比較したり、最先端の研究を発見したり、学習の新しいエコシステムに貢献するような場を提供したりしている。興味があれば、連絡して頂きたい。

アンドレアス・シュライヒャー
経済協力開発機構(OECD)教育スキル局長

OECD Learning Framework 2030 (2030年に向けた学習枠組み)

 本文書で示すOECDの「2030年に向けた学習枠組み」は、教育制度の将来に向けたビジョンとそれを支える原則を示すものである。この学習枠組みは、OECDが各国に対して処方箋を示すものではなく、あくまでも方向性を示すものである。また、この枠組みは、参加国政府の代表者や知的リーダー、専門家、学校ネットワーク、学校管理職、教師、生徒、若者達、保護者、大学、地方組織、ソーシャル・パートナーなどの広がりつつあるコミュニティによって、OECDのEducation 2030プロジェクトのために共同で策定されたものである。現在進行中のプロジェクトであり、全ての子供たちに未来志向の教育を開発していくために、一緒に議論していきたいと考えている。

この記事をシェアする

特集:思考ツールの生かし方・取組み方~授業を「アクティブ」にする方法~

学校教育・実践ライブラリVol.7

2019/11 発売

ご購入はこちら

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

文部科学省

文部科学省

中央省庁

閉じる