Q&A 改正民事執行法の実務 弁護士が知っておくべき改正のポイント 東京弁護士会 法友会/編集|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
試し読み

Q&A 改正民事執行法の実務 弁護士が知っておくべき改正のポイント

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
東京弁護士会 法友会/編集
判型
A5・248ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108573-00-000
8172316-00-000
ISBNコード
978-4-324-10758-4
発行年月
2020/02
販売価格
2,750 円(税込み)

内容

改正民事執行法のポイントを39問のQ&Aでコンパクトに解説!
今回の改正によって生じる影響やおさえておかなければならないポイントを
実務に即してわかりやすく紹介します。

 

本書のポイント

◆令和元年5月に成立した「民事執行法及びハーグ条約実施法」の改正によって生じる問題をいち早く解説!さらに令和元年11月に改正された民事執行規則の内容をどこよりも早く反映しています!
◆「債務者の財産開示手続の見直し」「ハーグ条約に基づく子の引渡しルールの強化」「不動産競売における暴力団員の買受け防止」「債権執行事件終了の見直し」「差押禁止債権の見直し」など今回の改正によって弁護士業務に大きな影響が出る部分を39問のQ&Aでコンパクトにまとめています!
◆改正のポイントをいち早くおさえたい弁護士、司法書士におすすめの一冊です!

 

目次

第1章 民事執行法改正のポイント (3問)
1 改正された理由/2 改正の経緯と概要/3 施行時期と経過措置
第2章 債務者の財産開示手続 (12問)
1 財産開示手続の経緯と概要/2 財産開示手続の決定要件/3 財産開示手続実施決定後の進め方と変更点/4 財産開示手続の罰則/5 不動産情報の取得可能範囲/6 給与債権に関する情報の取得可能範囲/7 預貯金債権等に関する情報の取得可能範囲/8 不動産及び給与債権に係る情報についての第三者からの情報取得手続の要件/9 第三者からの預貯金債権等に係る情報取得手続の要件/10 第三者からの情報取得手続の流れ/11 第三者から取得した情報の保護/12 債権者から申し立てられた第三者からの情報取得手続の回避
第3章 不動産競売における暴力団員の買受け防止 (4問)
1 不動産競売における暴力団員の買受け防止の方策導入の経緯と概要/2 不動産競売における買受け申し出の手続/3 暴力団員による買受けの制限/4 暴力団員による潜脱行為への対策
第4章 子の引渡しに関する強制執行 (13問)
1 子の引渡しの強制執行制度の制定背景/2 現行法の主な問題点/3 子の引渡しに求められる司法手続/4 子の引渡しの強制執行に反対、あるいは回避すべきとする立場/5 現行法における規律と問題点/6 子の引渡しの明文規定制定における問題点と検討/7 間接強制前置制度の審議経過と問題点/8 執行官の権限/9 同時存在/10 子の引渡し執行場所における審議経過/11 子の引渡しにおける配慮事項/12 子の引渡しを行う執行機関/13 ハーグ条約実施法の見直し
第5章 債権執行事件の終了と差押禁止債権の見直し (7問)
1 差押債権者の取立権を行使しない場合の規律/2 債務者への差押命令等が未了の場合の規律/3 差押禁止債権に関する取立権の発生時期の見直し/4 差押禁止債権に関する転付命令の効力発生時期の見直し/5 差押禁止債権に関する譲渡・売却・管理命令の効力発生時期の見直し/6 差押命令における債務者への給料・賞与・退職金等の配当時期/7 差押命令の送達に際して債務者に教示される事項

 

編著者プロフィール

東京弁護士会 法友会/編集

 

お薦めの併読書籍

『新制度がこれ1冊でわかる Q&A改正相続法の実務』(本体2,500円+税、平成30年12月)
https://shop.gyosei.jp/products/detail/9880

最近見た書籍

  • 法曹・法務
    Q&A 改正民事執行法の実務 弁護士が知
    2,750円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    教師・親のための 子ども相談機関利用ガイ
    2,860円(税込み)
  • 行政・自治
    公務員のためのインバスケットトレーニング
    1,650円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ