ぎょうせい「学びのある」学校づくりへの羅針盤 スクールリーダーのための実務情報サイト

『学校教育・実践ライブラリ』Vol.9 2019年12月配本 特集 特別活動のアクティブ・ラーニング

NEWトピック教育課題

2019.12.24

学校教育・実践ライブラリ』Vol.9 2019年12月配本

 資質・能力の育成を求めた新学習指導要領。「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」そして「学びに向かう力、人間性等」をトータルに育てる領域として特別活動が注目されている。特別活動における「主体的・対話的で深い学び」、いわゆる“アクティブ・ラーニング”とはどのようなものか、新学習指導要領で特別活動はどのような改善が求められるのか。多角的な論考と事例を通して考えてみたい。

●論 考─theme

新学習指導要領のねらいとこれからの特別活動
 有村久春 [東京聖栄大学教授]
特別活動における「主体的・対話的で深い学び」の推進とは
 白松 賢 [愛媛大学大学院教授]

●事 例─case

学級活動から始める学校行事の充実
 松井香奈 [大阪市立新高小学校教諭]
「主体的・対話的で深い学び」を実現する生徒会活動
 青木由美子 [東京都小平市立小平第五中学校長]
「主体的・対話的で深い学び」は文化祭にあり
 鈴木公美 [東京都立北園高等学校]

●論 考─theme

ポートフォリオでつなぐ特別活動のカリキュラム・マネジメント
 京免徹雄 [筑波大学助教]

この記事をシェアする

特集 特別活動のアクティブ・ラーニング

お役立ち

学校教育・実践ライブラリ Vol.9

2019年12月 発売

本書のご購入はコチラ

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中