ぎょうせい「学びのある」学校づくりへの羅針盤 スクールリーダーのための実務情報サイト

怒りを笑顔に! 教師のアンガーマネジメント

松下隼司

怒りを笑顔に! 教師のアンガーマネジメント 第6回 懇談会の資料 「スマホ10の約束」❤ 親から愛する我が子へ「スマホの使用契約書」❤

NEW生徒指導

2021.09.01

怒りを笑顔に! 教師のアンガーマネジメント

大阪市の小学校で現在6年生の担任と生活指導主任を務める松下隼司氏は教員18年目。怒りの感情のコントロールが苦手で、これまで子どもを必要以上に怒って苦しめてしまい、自分自身も後悔してしまうことがあったといいます。そんな松下氏はその後一念発起して「アンガーマネジメント」の資格を取得。同じ失敗を繰り返さないよう工夫している事例を6回に分けて紹介していただきます。

懇談会の資料 「スマホ10の約束」
❤ 親から愛する我が子へ「スマホの使用契約書」❤ 

「これはママのスマホです。」

スマホが原因の子ども対応があります。

  1. ① スマホで寝不足。そのため、遅刻や欠席が増える。
    また、寝不足でイライラして、友達とのけんかが増える。
  2. ② SNSで友達とトラブル。
  3. ③ ふざけた動画や画像を撮って、投稿する。

「家庭のことじゃ・・・・・・」という思いをグッとこらえて対応します。
懇談会でも、保護者から「何年生からスマホを持たせるのがいいのでしょうか」と、質問をもらうことが増えました。
2012年、アメリカに住む母親が、13歳の息子へ贈った手紙がテレビで話題になりました。手紙は、母親が子どもにクリスマスプレゼントのスマホと一緒に渡した「スマホの使用契約書」です。
以下は、日本の小学生版に私がアレンジしたものです。

【愛する我が子へ 「スマホ10の約束」】

  1. ① これはママのスマホです。ママが買って、あなたに貸しているもの。
    だからルールはきちんと守ってね。
  2. ② パスワードは、必ずママに教えてね。
  3. ③ 家族からの電話が鳴ったら、必ず出てね。とても心配になるから。
    出られなくて後で気づいたときは、できるだけ早く連絡してね。
  4. ④ 自分や相手の家庭での時間を大切にしましょう。
    使える時刻は、○時まで。〇時になったら、スマホをママに返してね。
  5. ⑤ 家族や友達と一緒にいるときは、スマホでなく友達を見てね。
    家族や友達との時間を大切にしてね。
  6. ⑥ スマホを壊したり失くしたりしたら、自分のお小遣いなどで、修理や弁償をしてね。いつか起こることなので、準備しておいてね。
  7. ⑦ スマホで、人が傷つくような発信をしないでね。
    スマホは、人を幸せにするために使うものだということを忘れないで。
  8. ⑧ 過激なサイトや、下品なサイト、知らない人からの返信は禁止。
    親といっしょに見られるような情報を検索してね。
    質問があれば、私に相談してくれるとうれしいな。
  9. ⑨ 写真やビデオを撮りすぎないこと。すべてを記録する必要はないよ。
    それよりも経験を五感で感じ取って。あなたの記憶に記録されるから。
  10. ⑩ あなたがルールを破ったら、ママはスマホを取り上げます。
    落ち着いて話し合いましょう。あなたとママは常に学び続けていくの。
    ママはいつだってあなたの味方。いっしょに解決していこうね。

引用:abcNEWS「Mom Has Son Sign 18-point Agreement for iPhone」

懇談会で、上の資料を読んだ後に、「10個の約束で、どれが大切だと思います? 3つ選んでみてください」と言い、保護者同士で話し合ってもらいます。その後で、教師からよくある事例を話します(「④布団の中でこっそりスマホをする。寝不足で学校に行くのがしんどくなる」などです)。

スマホ使用の標語『あとがこわい』もあります。
福島県警がつくったものです。
「あ:会わないで」
「と:撮らないで」
「が:画像を送らないで」
「こ:個人情報を載せないで」
「わ:悪口を書き込まないで」
「い:いじめないで」
保護者には、「あ〇ないで」「と〇ないで」など、クイズ形式で考えてもらうと楽しいです。


スマホの待ち受け画像にもできます。

Profile

松下隼司氏
松下隼司 まつした・じゅんじ
大阪市立小学校教諭。2003年奈良教育大学小学校員養成課程美術専攻卒業。著書に 絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版、2020年12月)、『せんせいって?』(みらいパブリッシング、2021年9月予定)。受賞歴として、第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、日本最古の神社である大神神社の短歌祭で額田王賞、プレゼンテーションアワード2020で優秀賞、第69回読売教育賞で優秀賞。

この記事をシェアする

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

松下隼司

松下隼司

大阪市立小学校教諭。2003年奈良教育大学小学校員養成課程美術専攻卒業。著書に 絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版、2020年12月)、『せんせいって?』(みらいパブリッシング、2021年9月予定)。受賞歴として、第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、日本最古の神社である大神神社の短歌祭で額田王賞、プレゼンテーションアワード2020で優秀賞、第69回読売教育賞で優秀賞。

閉じる