怒りを笑顔に! 教師のアンガーマネジメント

松下隼司

怒りを笑顔に! 教師のアンガーマネジメント 第2回 自尊感情に訴える「叱る言葉」◆叱られているのに、心の底が温かくなる叱り方◆ 

生徒指導

2021.08.06

怒りを笑顔に! 教師のアンガーマネジメント

 大阪市の小学校で現在6年生の担任と生活指導主任を務める松下隼司氏は教員18年目。怒りの感情のコントロールが苦手で、これまで子どもを必要以上に怒って苦しめてしまい、自分自身も後悔してしまうことがあったといいます。そんな松下氏はその後一念発起して「アンガーマネジメント」の資格を取得。同じ失敗を繰り返さないよう工夫している事例を6回に分けて紹介していただきます。

自尊感情に訴える「叱る言葉」
◆叱られているのに、心の底が温かくなる叱り方◆ 

1.「君らしくない」と叱る 

 次の2つの叱り方を読み比べてみてください。

  1. ① また、友達に悪口を言ったのか。さっきの休み時間も言ったよね。 自分がしたことを反省していないから、同じことを繰り返すんだ。今回やったことをしっかり反省しなさい。
  2. ② 今回は君らしくない発言で驚いているよ。君の普段の優しさはよく分かっているから心配していないけど、念のために聞かせてね。 いつも通り、友達に優しく接してください。

 

 叱り方として良いのは②だと、気づかれたと思います。
 ①と②の大きな違いは子どもに対する「前提」です。
 ①は否定的な評価が前提にあります。
 一方、②は「君らしくない」 「普段の優しさはよく分かっている」と 好意的な評価を前提にしています。
 ①の叱られ方をした子どもは、「自分は先生に良く思われていない」と受け止めます。無気力になったり、反発を感じたりします。
 ②は、叱られても「先生は、自分を良く思ってくれている」という 安心感が子どもにあります。「先生の期待に応えたい」と思います。

「自分は先生に認められているから叱られている」

と、子どもに感じ取ってもらうために好意的な評価を叱る前にします。
「君でさえ〇〇できなかったんだね、よほど大変なことだったんだね」 「どうしたの? いつもは〇〇なのに」という枕詞もあります。
また、叱られた子どもの自尊心が傷つかないように、大勢の人前で叱らないようにも配慮します。
*大勢の前で叱るのは公開処刑のようなものです。

2.「君ならできるはずだ」と叱る  

 次の2つの叱り方を読み比べてみてください。

  1. ①どうして、こんなこともできないの!?
  2. ②君ならできるはずだよ。

 

 叱る目的は「相手の成長」のためです。
 あるべき姿と現在のギャップを埋めるためです。
 「どうして、こんなこともできないの!?」は、子どもの能力を否定しています。子どもは、自信を失い、「嫌味な教師だ」と思います。
 教師自身が、管理職に言われて「嫌だな」と思わない叱り方をします。
 『かりてきたネコ』という標語は、嫌味な叱り方にならないポイントを楽しく覚えられます。

猫

  • 【か】感情的にならない
  • 【り】理由を話す
  • 【て】手短に
  • 【き】キャラクター(性格や人格)は責めない
  • 【た】他人と比較しない
  • 【ね】根に持たない
  • 【こ】個別に叱る

 一方、②は、教師への安心感や期待感を子どもに与えます。
 他にも、「教師の期待に応えたい」という子どもの気持ちを呼び起こす叱り方があります。

  • 「せっかく〇〇なのに、もったいない」
  • 「君の力はそんなものじゃない」
  • 「期待しているからこそ、言うんだよ」

 「君ならできるはずだよ」と言ったときに、「できない」と言う子どももいます。その時も、感情的にならず、また、前のページの「君らしくない」と「君ならできるはずだ」を合わせて使うこともできます。例えば次のようにです。

  • 教師「友達に悪口を言うなんて、君らしくないね。」(事情を聞く。)
  • 教師「君ならきっと悪口を言うのを我慢できるよ。」

Profile

松下隼司氏
松下隼司 まつした・じゅんじ
大阪市立小学校教諭。2003年奈良教育大学小学校員養成課程美術専攻卒業。著書に 絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版、2020年12月)、『せんせいって?』(みらいパブリッシング、2021年9月予定)。受賞歴として、第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、日本最古の神社である大神神社の短歌祭で額田王賞、プレゼンテーションアワード2020で優秀賞、第69回読売教育賞で優秀賞。

この記事をシェアする

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツが満載!

ライブラリ・シリーズの次回配本など
いち早く情報をキャッチ!

無料のメルマガ会員募集中

松下隼司

松下隼司

大阪市立小学校教諭。2003年奈良教育大学小学校員養成課程美術専攻卒業。著書に 絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版、2020年12月)、『せんせいって?』(みらいパブリッシング、2021年9月予定)。受賞歴として、第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、日本最古の神社である大神神社の短歌祭で額田王賞、プレゼンテーションアワード2020で優秀賞、第69回読売教育賞で優秀賞。

閉じる