ページ内移動用のリンクです


倒産手続選択ハンドブック 改訂版

スムーズな清算・再生のための

倒産手続選択ハンドブック 改訂版

編著者名 東京弁護士会法友全期会 債務整理・企業再生研究会
判型 B5
体裁 単行本
定価(価格) 4,937円(税込み)
本体 4,571円
ISBN 978-4-324-09421-1
図書コード 5107813-00-000
発行年月日 2012年02月10日
電子書籍定価(価格)  4,937円(税込み)電子書籍
電子書籍本体  4,571円
   書籍(紙)   電子書籍
      シェア

内容

任意整理や破産、民事再生など、倒産処理の手法は様々です。

本書は、債務返済に悩む個人・企業から相談を受けた際、どの手法を選択すればよいのか、すぐに調べられる構成になっています。

破産などの清算型手続きをとるべきか、それとも民事再生などの再生型手続きをとるべきかといった基本的な検討事項から解説されているので、申立てを行う弁護士や司法書士はもちろん、金融機関や企業の経理担当者、法科大学院生など、専門家以外の方にも使いやすく仕上がっています。

第3部には、読みやすいストーリー仕立てで10種類の倒産シミュレーションを収録していますので、そこから読み始めるのもお勧めです。


目次


1 倒産手続きの類型と選択のポイント
 1 倒産手続の鳥瞰
 2 倒産手続選択のための事前準備
 3 倒産手続選択のための視点
 4 東日本大震災と手続選択

2 類型別の倒産手続
 1 清算型手続
  1 総論
  2 法人の清算型手続
  3 個人の清算型手続―破産

 2 再建型手続
  1 総論
  2 法人の再建型手続
  3 個人の再建型手続

 3 東日本大震災と債務整理

3 類型別の倒産手続シミュレーション
 1 同時廃止
 2 少額管財・個人事業者
 3 個人の任意整理
 4 法人破産
 5 会社更生
 6 民事再生
 7 民事再生(スポンサーつき)
 8 中小企業の私的整理による再生
 9 小規模な個人事業者の場合(小規模個人再生)
 10 給与所得者の場合(給与所得者等再生住宅資金特別条項あり)
 資料編


編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
東京弁護士会法友全期会…

 東京弁護士会内の任意団体である法友会(約2,500名)に所属する会員のうち、弁護士登録15年以内の若手会員(約1,400名)で構成する若手弁護士の団体。
 若手弁護士の視点で司法に関する政策的課題や弁護士業務改革等に積極的に取り組み、研究活動や意見の発表を行っており、会員の自己研鑽と研究発表を兼ねて分担執筆による出版活動を続けている。

図書分類

この商品を買った人はこんな商品も買っています


ページ上部へ