月刊 地方財務 2023年8月号   特別企画:基本方針2023と地方行財政|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
試し読み

月刊 地方財務 2023年8月号   特別企画:基本方針2023と地方行財政

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
ぎょうせい/編
判型
A5
商品形態
雑誌・電子書籍
雑誌コード
06115-08
図書コード
7112001-23-080
8179010-23-080
ISBNコード
発行年月
2023/08
販売価格
3,960 円(税込み)

内容

特別企画:基本方針2023と地方行財政


/細井 雅代
一 中長期の経済財政運営
二 基本方針2023における地方財政に関連する記述

 

行財政情報


●「経済財政運営と改革の基本方針2023」の解説
/清水 敦

 

今月の視点


●災害大国日本と地方自治体(5)
―新型コロナウイルス感染症のケース
/兼村 高文

●公共施設における老朽化政策の展開
―総務省の取り組みの深化を読み解く(3)
/稲生 信男

●多様な住民に開かれた地方議会に向けたデジタル化の方策
―都道府県議会デジタル化専門委員会報告書の概要
/有澤 学/西岡 徹

●今改めて考える議選監査委員の意義と使命(8)
―西脇市の議選監査委員
/林 晴信

 

連載


●地方財務実務相談室(146)
・寄附の申出がある場合の随意契約の可否
・公募型プロポーザル方式の随意契約によることの理由
・予定価格の意義
・議案への予定価格の表示と事後公表
・予定価格公表の可否
・公営住宅の滞納家賃の時効
・公立病院の診療に関する債権の消滅時効
・フェリー船の運賃の時効
・「給与等金銭債権の消滅時効
・旅費請求権の時効

●弁護士が答える!債権管理・回収なんでも相談室(17)
・財産調査
国税徴収法141条に基づく調査権の適用範囲
非強制徴収公債権及び私債権における財産調査
財産調査に対する同意書の取得
給付金の振込先口座情報の調査
/川瀬 裕久/八木 俊行/安達 徹/平野 時規

●Q&A 公共契約法実務教室(13)
・一者入札
/斉藤 徹史

●ファイナンス・アドバイザーが教える
自治体職員のための金融・財政基礎講座(13)
・日本経済の転換点だった2022年
/水上 拓也

●指定管理者制度 これからの活用術
経費削減手段から施設最大限活用への脱皮(13)
・「利用料」「使用料」「自主事業」の整理を試みる
/南 学/馬場 伸一

●財政法判例研究(44)
・孔子廟撤去「怠る事実」違法確認住民訴訟
/岩垣 真人

●教育遺産と地域活性(5)
・近世日本最大規模の私塾「日田の咸宜園」
/嶋津 隆文

●政策課題への一考察(88)
・移民政策の転換期に自治体は何を考えるべきか(下)
―「社会統合」の視点
/竹田 圭助

●どう稼ぐ?どう使う?
これからの地方財政戦略(8)
・地域からみた地方財政・地域投資の勘どころ
/松下 啓一

●この言葉知ってる!?
今日から使えるトレンドワード(17)
・勤務間インターバル
/武部 隆

●わかる!使える!
“行財政情報”読み方ガイド(5)
・事業別地方債実務ハンドブック
/林 誠


■コラム======================


霞が関情報 

書評/水 昭仁
・菊地高弘/著
『離島熱球スタジアム-鹿児島県立大島高校の奇跡』

こんなときどうする!? 知っておきたい危機管理術/酒井 明
・5年間の介護体験を通じて―「老老介護」の現実

政策トレンドをよむ/入山 泰郎/毛利 友音
・ベビーテックの動向と課題(1)

データリテラシー向上術/廣瀬 毅士
・量的変数の関連(4)

映画の窓から/村瀬 広
・ジョージ・ミラー「アラビアンナイト 三千年の願い」――現代人にとっておとぎ話とは

バックナンバーのお知らせ


別冊付録
事業別地方債実務ハンドブック 令和5年度版

図書分類

最近見た書籍

  • 行政・自治
    月刊 地方財務 2023年8月号   特
    3,960円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    旬刊 速報税理 2024年4月21日号
    847円(税込み)
  • 行政・自治
    論点解説 改正民法・不動産登記法
    5,940円(税込み)

売れ筋書籍ランキング