ご当地愛キャラ

ガバナンス編集部

ご当地愛キャラ vol.104 みどモス(群馬県みどり市)

NEW地方自治

2020.06.01

人と地域をつなぐ
ご当地愛キャラ vol.104

みどモス
群馬県みどり市

月刊 ガバナンス 2020年2月号

\ひとことPR/
19年3月に市の広報宣伝部長に就任。年齢は3万5000歳!特技は石器・まが玉作りで、鼻を使ったリフティングも得意。鼻の特技を増やそうと秘かに思案中。最近は、ボッチャや輪投げなど色々な運動に挑戦している。

◆みどモスの部屋
https://www.city.midori.gunma.jp/midomosu.html

広報宣伝部長は3万5000歳! 誕生1年足らずで市の人気者へ

 みどり市は、06年3月に笠懸町、大間々町、東村が合併して誕生した、群馬県で48年ぶりの新しい市だ。県の東部に位置し、市域は桐生市をはじめ、群馬・栃木両県7市と接している。市内には、詩人・画家である星野富弘さんの作品を公開している「富弘美術館」、四季折々の渡良瀬川の景観が満喫できる「高津戸峡」といった多くの施設や景勝地が点在している。なかでも日本の旧石器文化の存在を証明した「岩宿遺跡」は、日本史の常識を覆す発見として知られ、地域を代表する文化遺産だ。「岩宿博物館」には、同時代に生息していたとされるマンモスの骨格が展示されている。このマンモスをモチーフにしているのが、市のマスコットキャラクター「みどモス」だ。

 みどモスは、三つの郡の町村が合併してできた新しい市の一体感の醸成や知名度の向上を目的に誕生した。市内の小中学校及び高校、大学から選出された36人のマスコットキャラクターデザイン検討委員が考案したキャラクター候補から、市内小中学生約4100人による投票を行い、19年1月、最も多くの票を集めたみどモスが、市で初めてのマスコットキャラクターに選ばれた。3月には市広報宣伝部長に任命されている。

 誕生後、市有施設やショッピングモールなど市内外で行われるイベントやTVの出演など精力的に活動。市HP内の「活動日記」をはじめ、Facebook、TikTokなどのSNSを駆使し、幅広く自身の活動を報告している。なかでもTwitterに、特技の鼻リフティングの動画をアップしたところ、約3万4000回再生され、その可愛らしさと思わぬスキルの高さが大きな注目を集めた。また、「ゆるキャラ®グランプリ2019」にも初めて参加。投票期間中は、普段のPR活動に加え、朝の通勤・通学時間の赤城駅前での呼びかけといった地道な認知活動も行った。結果は、県内トップの14位。誕生から1年足らずで市を代表する人気者となった。みどり市の存在を全国にアピールしたい──みどモスのひたむきな想いが市民に伝わり、実を結んだのかもしれない。「20年も、ゆるキャラ®グランプリや4月〜6月に展開する大型観光企画『群馬デスティネーションキャンペーン』などで、みどモスを通してみどり市や群馬県を全国にPRできるように活動していきたい」(みどり市秘書課広報広聴係)

日本の歴史上世紀の発見「岩宿遺跡」「岩宿博物館」

日本の歴史を書き替えた岩宿遺跡は、学術研究上、重要な場所として国の史跡に指定されている。隣接する岩宿博物館では、約4万から約1万5000年前に日本列島で展開された人々の生活を、みどモスのモチーフとなったマンモスゾウの全身骨格などの展示資料を通して再現。館内のショップでは、みどモスのぬいぐるみストラップも販売している。

ココに注目!キャラデザインから投票応援まで市民・市がONE TEAMで後押し!

みどモスの、ゆるキャラ®グランプリ2019の大健闘を支えたのが、市職員有志で構成された応援隊と一般応募の市民による応援団だ。応援隊はPR活動支援などを、応援団は投票応援などを行った。誕生時の市内の児童生徒らによるデザイン検討委員やキャラクター投票をはじめ、市民や市がONE TEAMとなってみどモスを後押ししている。


19年5月のイベント(グリーンだよ!全員集合)で歓迎パーティーが開かれ、ぐんまちゃんやキノピーなどご近所のキャラが集結。“みどモスー”の黄色い声援が飛んだ。

須藤昭男市長から辞令とたすき、名刺を受け取り市の広報宣伝部長に就任(辞令交付式:19年3月)。

県知事選と参院選の選挙啓発にも尽力。市民に向けて1票の重みを粘り強く伝えた。

J3リーグ、ザスパクサツ群馬のゲームで前橋市に遠征。話題の鼻リフティングを披露した。

ぬいぐるみストラップや缶バッジなどのみどモスグッズ。

ゆるキャラ®グランプリ決選投票の直前まで応援隊と赤城駅前でPR活動。隊員のお手製パネルから「みどモス愛」が伝わる。

大間々祇園まつり(19年8月)では、浴衣姿の須藤市長とともにインタビューを受ける。

© Midori City
写真提供/群馬県みどり市

この記事をシェアする

特集:自治体の情報公開・公文書管理の現在とミライ

月刊 ガバナンス2020年2月号

2020/2 発売

ご購入はこちら

すぐに役立つコンテンツ満載!

地方自治、行政、教育など、
分野ごとに厳選情報を配信。

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツ満載!

地方自治、行政、教育など、
分野ごとに厳選情報を配信。

無料のメルマガ会員募集中

  • facebook

ガバナンス編集部

ガバナンス編集部

株式会社ぎょうせい

「ガバナンス」は共に地域をつくる共治のこと――これからの地方自治を創る実務情報誌『月刊 ガバナンス』は自治体職員、地方議員、首長、研究者の方などに広く愛読いただいています。自治体最新事例にアクセスできる「DATABANK」をはじめ、日頃の政策づくりや実務に役立つ情報を提供しています。2019年4月には誌面をリニューアルし、自治体新時代のキャリアづくりを強力にサポートする「キャリアサポート面」を創設しました。

閉じる