土地収用法の解説と運用Q&A 第二次改訂版|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
試し読み

土地収用法の解説と運用Q&A 第二次改訂版 ※Kindle版をご希望の方はこちら▶>Amazonへ

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
土地収用法令研究会/編集
藤川 眞行、田村 真一/補訂
判型
A5・480ページ
商品形態
単行本・電子書籍
雑誌コード
図書コード
5108949-00-000
8173512-00-000
ISBNコード
978-4-324-11410-0
発行年月
2024/05
販売価格
6,600 円(税込み)

内容

日常業務から非常時の手続きまで、「こんなときどうする?」の疑問を解決!

●公共事業の施行に不可欠な土地収用法の解釈と運用を、約560問の実例を基にしたQ&Aで、わかりやすく解説! ●平成26年発行の前回版に、令和2年の相続法改正による配偶者居住権の関連、令和5年の所有者不明土地問題に対応するための民事法制の改正などに対応した新たなQ&Aの追加(約30問)と、既存のQ&Aも見直したうえで発刊します。 ●「土地収用法」の条文ごとにQAが整理され、実務を行う上での疑問点はこれ1冊で解決!
新規Q&A Q 抵当権を収用する場合とは具体的にどのような場合か。抵当権の収用の裁決の実例はあるか。 Q 土地所有者との間で任意取得についての合意があるような場合、事業認定は可能か。 Q 土地調書等の作成に当たって、ドメスティック・バイオレンス等の被害者保護のための措置を受けている者がいる場合、どのような配慮が必要か。
・・・など

 

目次


第1章 総則
第2章 事業の準備
第3章 事業の認定
第4章 収用又は使用の手続
第5章 収用委員会
第6章 損失の補償
第7章 収用又は使用の効果
第8章 収用又は使用に関する特別手続
第9章 手数料及び費用の負担等
第10章 審査請求及び訴訟
第11章 雑則
第12章 罰則

 

著者紹介


土地収用法令研究会/編集

藤川 眞行(ふじかわ まさゆき)/補訂

田村 真一(たむら しんいち)/補訂

 

最近見た書籍

  • 行政・自治
    土地収用法の解説と運用Q&A 第二次改訂
    6,600円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    旬刊 速報税理 2024年6月1日号
    847円(税込み)
  • 行政・自治
    月刊 ガバナンス 2024年6月号  特
    1,320円(税込み)

売れ筋書籍ランキング