東西南北デジデジ日記 vol.39 今週の担当:【東】千葉大右

地方自治

2022.07.14

「自治体×デジタル」を多彩な切り口からゆるっと考えてみる、現役&元自治体職員4名によるリレー日記。前回vol.38の【北】山形巧哉さんに引き続き、今回の【東】千葉さんも、新たなお題を投入します。(※本連載は毎週木曜更新です)

―――――2022年7月14日 Thu.―――――――

 

特別編の評判は?

先々週にお送りしたvol.37特別編はいかがだったでしょうか。

ご覧いただいた方からは「わかりやすい」「刺さった」といったお言葉をいただきましたが、よくよく考えてみると、高尾山の話は後藤さんのお話ですし、他団体の真似の話は庄司先生のお話でした。
お二方にはこの場を借りてあらためて御礼申し上げます。
振り返って、人に刺さるオリジナルの話を増やしたいと思った今日この頃です。

 

今回のお題は「推進」

前回(vol.38)の「業者」に続き、今回のお題は「推進」です。

(連載担当の声) なぜ、行政は「推進」って言葉を付けるんですか?
民間でも使いますが、行政での登場率が尋常じゃなく、もはやお役所言葉だと思ってます。例えば、部署名。民間企業の部署名にはあまり冠されませんし…。

え、そうなんですか。
4月に課名を「デジタル行政推進課」にしたばかりなんですけど。
(ちなみに昔在籍していたときの課名は「電子行政推進課」でした。電子がデジタルに変わっただけなのは内緒ですよ。)

で、調べてみたら、本市で「推進」がつく課室は5つありました。

デジタル行政推進課、市民安全推進課、地域包括ケア推進課、ゼロカーボンシティ推進室、クリーン推進課

市民の安全を推進したい! 地域包括ケアを推進したい!
わかりやすくていいじゃないですか。

 

なぜ「推進」なのか

「推進」をつけたくなる気持ちはわかります。だって公務員だもの。

それはさておき、なぜ「推進」なんでしょう。
国は「デジタル庁」です。
「デジタル推進庁」ではない。
それなのに、自治体では「デジタル推進課」や「デジタル行政推進課」になってしまう。

これは私見ですが、「目的意識」が影響しているのではないでしょうか。
デジタル庁は、行政機関では珍しい「ミッション・ビジョン・バリュー」(いわゆるMVVモデル)を掲げています。
  *デジタル庁ホームページ
  https://www.digital.go.jp/about/organization/


これによると、ミッションは
「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化を。」
であり、「一人ひとりの多様な幸せを実現するデジタル社会を目指し、世界に誇れる日本の未来を創造します。」との説明がついています。

「推進」はどこにも出てきません。
逆に言えば、ミッション(とビジョンとバリュー)がはっきりしていれば、「推進」をわざわざ掲げなくてもいいということなんですね。

 

行動指標と成果指標

似たような話に、「行動指標と成果指標」があります。

計画を策定するとき、指標を設定します。
例えば「デジタルデバイドの解消」を掲げたとき、指標を「スマホ教室の開催数」とするとそれは行動指標です。
指標を「オンライン申請数(の増加)」とすれば「成果指標」となります。

今回はこれらの違いに詳しくは触れませんが、行動を目的とするのか成果を目的とするのかの「意識の違い」に通じるものがあるように感じます。

予算を取り、事業を実施すればよかったかつての役所では「行動指標」ばかりでした。
その反省から成果指標が注目されるようになったわけですが、成果指標の設定って本当に難しいです。
各種計画の策定に携わり、ここに苦労された方も多いのではないでしょうか。

 

それでも私たちは「推進」する

最後にもうひとつ、計画の名称を見てください。

 自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画(総務省)
 船橋市DX推進計画(船橋市)

そうなんです。
国が「推進計画」を作り、自治体がそれをもとに「推進」する。
この構図こそが「推進」が頻出する根本原因なんですね。

国が決めた計画には補助金がついたりもしますので、自治体としては「推進」しない選択はほぼないのです。
とはいえ、事業の実施だけを目的とせず、なんのためにその事業を実施するのか、「目的意識」を常に持って事業に取り組む必要があります。

今週もきれいにまとめてしまいました。らしくないですな。
それではまた来週。デジデジ!


~次回の日記は7月21日(木)に更新予定です!~

 

バックナンバーのご案内


バックナンバーはコチラから。

執筆陣のプロフィールはコチラから。

 

この記事をシェアする

すぐに役立つコンテンツ満載!

地方自治、行政、教育など、
分野ごとに厳選情報を配信。

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツ満載!

地方自治、行政、教育など、
分野ごとに厳選情報を配信。

無料のメルマガ会員募集中

千葉大右・多田 功・山形巧哉・今村 寛

千葉大右・多田 功・山形巧哉・今村 寛

閉じる