【イベント】第34回自治総研セミナー 「自治体の可能性と限界~原発災害から考える」2019年9月21日(土)開催

NEWイベント情報

2019.08.07

第34回自治総研セミナー 「自治体の可能性と限界~原発災害から考える」

月刊『ガバナンス』2019年8月号 information)

[開催趣旨]

そもそも自治体には何ができて何ができないのだろうか。
市民にとって、あるいは国にとって自治体とはどういう存在なのだろうか。
原発災害からの8年半を振り返りながら、自治体の可能性と限界について考えてみます。

[開催概要]

日時: 2019年9月21日(土) 10:00~16:30
会場: 法政大学ボアソナード・タワー 26階スカイホール(東京都千代田区)
概要: [セッション1]「原発災害と自治体」阿部昌樹(大阪市立大学)、金井利之(東京大学)、上林陽治(地方自治総合研究所)
    [セッション2]「自治体ができたこと・できなかったこと」石田仁(大熊町副町長)、西城戸誠(法政大学)、平岡路子(弁護士)、山下祐介(首都大学東京)、今井照(地方自治総合研究所)
参加費: 無料(定員150人)
申込み: 下記HPの申込みフォームから(9月13日締切り)
    http://jichisoken.jp/
問合せ: (公財)地方自治総合研究所
    TEL:03-3264-5924 FAX:03-3230-3649
    mail:seminar*jichisoken.jp(「*」を「@」に替えてください

この記事をシェアする

特集:過疎地域の持続可能性

お役立ち

月刊 ガバナンス

2019年8月 発売

本書のご購入はコチラ

すぐに役立つコンテンツ満載!

地方自治、行政、教育など、
分野ごとに厳選情報を配信。

無料のメルマガ会員募集中

関連記事

すぐに役立つコンテンツ満載!

地方自治、行政、教育など、
分野ごとに厳選情報を配信。

無料のメルマガ会員募集中

雑誌から絞り込む

注目のキーワード

  • facebook