定番の『防災ダイアリー』(2019年1月はじまり)好評販売中です!

他に例のない専門性で防災士や消防士、自治体防災担当の皆さまに愛され続けるダイアリー!
2019 年1月始まり(月曜始まり)で、翌年3月まで書ける。
防災業務連絡先一覧や、戦後の主な災害年表など日本防災士会編集協力の充実の付録が好評です!


サイズは余裕のあるB5判。たくさん書き込みたい人におススメです!


(週間計画表)

・時間軸のある左頁で1日の流れを管理。
・右側の方眼頁は、日ごとに区切る罫線と自由度の高い方眼スペースで幅広い情報整理が可能。

・右上には当月だけでなく、翌月カレンダーも掲載。



(月間計画表)

・ダイアリー冒頭に2019年1月~2020年3月までを各月見開き2頁でまとめて掲載。

・マス目デザイン。月~日で折り返されるから、1週間の予定が一目瞭然。


(年間計画表)

・1年の予定を見開き2頁で把握可能。

・半年、1年先の大きな行事も一目で確認できる。



ご注文はこちらから!


防災ダイアリー

防災ダイアリー2019(B5)

販売価格 1,350 円(税込み)

ご注文はこちら




(巻末付録)


 ○知っておきたい防災知識(地震防災、津波避難、風水害・台風、火災、竜巻、土砂災害の基礎知識等を掲載)
 ○気象庁震度階級関連解説表(抜粋)
 ○風の強さと吹き方
 ○雨の強さと降り方
 ○戦後の主な災害年表
 ○人的被害の大きな地震・津波災害
 ○人的被害の大きな建物火災
 ○人的被害の大きな船舶事故
 ○人的被害の大きな航空機事故
 ○人的被害の大きな鉄道・自動車事故
 ○過去の大火災
 ○過去の主な風水害
 ○近年の主な土砂災害による死者・行方不明者の状況
 ○災害用ブロードバンド伝言板(web171) 
 ○災害用伝言板サービス
 ○防災業務連絡先一覧
 ○中央官公庁一覧
 ○年齢早見表 等

こちらもおススメ!『 月刊 ガバナンス』2018年10月号



ガバナンス

月刊 ガバナンス 2018年10月号

販売価格 1,080 円(税込み)

 特集は「自治体の災害対応と連携」

 毎年のように日本を襲う自然災害。今年は6月の大阪北部地震に続き、7月には西日本豪雨(平成30年7月豪雨)が発生。さらに関西国際空港を水没させた台風21号と震度7を記録した北海道胆振東部地震が追い打ちをかけました。
 それでも大災害の経験を積み重ねるなかで、防災・減災への対策や復旧・復興支援などの仕組みづくりは進みつつあります。今春には自治体間の対口支援や災害マネジメント総括支援員の派遣が制度化され、災害救助法の改正も行われました。南海トラフ地震や首都直下型地震、気候変動による「これまでの常識」を超えた気象災害などのリスクが高まるなかで、自治体は大規模災害にどう備えていくべきかを考えます。 
 

詳しくはこちら




▲ページTOP