月刊 税理 2024年6月号 特集:ケーススタディ 定額減税|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
試し読み

月刊 税理 2024年6月号 特集:ケーススタディ 定額減税

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
日本税理士会連合会/監修
判型
B5
商品形態
雑誌・電子書籍
雑誌コード
05623-06
図書コード
7114001-24-060
8179060-24-060
ISBNコード
発行年月
2024/05
販売価格
2,200 円(税込み)

内容

「税理」紙+電子版読み放題サービス 「PLAT(ぷらっと)税理」詳しい情報はコチラから

Webセミナー



特集:ケーススタディ 定額減税

昨今の物価高に賃金の上昇が追い付いていない状況を踏まえ,国民の負担を緩和し,可処分所得の下支えを行うため,所得税について3万円,住民税について1万円の定額減税が行われる。しかし,これを実施するための事務負担は大きくなることが予想され,事実,政府は法案成立前からの周知徹底を関係省庁に促している。本特集では,税理士が関与する企業の給与所得者の定額減税を中心として,定額減税に係る法律や政省令はもとより,国税庁や総務省から公表されているQ&A等を踏まえ,ケーススタディを交えて解説する。なお,定額減税を十全にやり遂げるには給与計算ソフトなくしては成し得ないとの声がある。このため,給与計算ソフトを取り扱う事業者にアンケートを実施し,定額減税への対応状況等についても速報する。

定額減税の概要と対応手順/安部 和彦
給与所得者をめぐる定額減税とそのケーススタディ/安部 和彦
確定申告が必要な場合とそのケーススタディ/安部 和彦
給与計算ソフトの定額減税への対応状況~アンケート結果を踏まえて/編 集 局


【今月の税務Q&A】
通 則  換価の猶予不許可処分に係る不服審査等の構造及び猶予取扱要領の定めの合理性の有無
(特に「当面必要な運転資金の額」の計算期間について)/元東金税務署長 栗谷 桂一
所得税  建物を取り壊した場合の資産損失額と費用の取扱い/税理士 石橋 三男 法人税  地震の復旧等のために支出する費用等/税理士 奥田 芳彦資産税  被相続人の所有地と相続人の所有地が隣接して一体利用されている場合の評価単位
(無道路地評価の可否含む)/税理士 渡邉 正則
消費税  高額の金地金等を取得した場合等の納税義務の免除の特例/税理士 齋藤 文雄 電子帳簿 税務調査の際,提示を求められる補助簿とは/税理士 十文字 俊郎


巻頭言
マイナス金利の解除が及ぼす中小企業への影響と求められる税制
/松蔭大学大学院客員教授・弁護士 岸田 貞夫

【理 論】
税務研究 【今後の評価通達6の適用基準を確認する】令和4年最高裁判決の影響を受けた取引相場のない株式の評価に係る裁判例
(東京地方裁判所(令和6年1月18日判決),仙台薬局事件)の実務的検証(下)/税理士 笹岡 宏保

【実 務】
利益計画 美容院のモデル利益計画/中小企業診断士 小髙記美子


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

節税と税務否認~税理士に期待される節税と税務否認の法律問題~
[第14回]税務否認と租税制裁
/筑波大学名誉教授・弁護士・税理士 品川 芳宣

所得税における外国税額控除
[第13回] 外国税額控除の対象とならない外国所得税
/税理士 安井 和彦・税理士 坂井 一雄

立法趣旨から探る税務のポイント
[第106回]輸出物品販売場等における免税販売の適否等
/税理士 赤坂 高司

中小企業法講話
[第72回]会計帳簿閲覧請求権における請求理由の具体性と閲覧拒絶事由
/日本大学教授・弁護士 松嶋 隆弘

ブラッシュアップ判例・裁決例

[第63回]会社代表者の妻(副社長)による服飾品・宝飾品の購入と給与課税
/明治学院大学法学部教授 渡辺  充

相続税調査の最重要論点 名義財産の実務
[第11回]  専業主婦の預貯金は夫のものか(その2)
/税理士 風岡 範哉

不動産時価算定実務のイロハ
[第6回] (最終回)  税務申告・税理士業務における不動産鑑定評価の活用法とその実践
/不動産鑑定士 村木 康弘

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

財産評価のキーポイント
[第195回]市街地農地の価額について無道路地であり,かつ,宅地造成費が多額に必要とされることから宅地開発に係る経済的合理性が認められず開発困難な市街地農地等に該当するとして純農地の評価方法を適用することの可否が争点とされた事例(上)
/税理士 笹岡 宏保

心理的安全性・虎の巻 
[第6回]高い心理的安全性の効果・メリット
/中小企業診断士 平出 重浩


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コラム・連載

ひと夜ヒト世に独り言 
第42回 称号の意味
/お茶の水女子大学名誉教授・哲学者 土屋 賢二 

税理士業務のヒヤリハット 
第126回 相続時精算課税と暦年課税,どちらを選ぶ?
/税理士 坂本 恵子

判決インフォメーション
/TAINS編集室 税理士 市野瀬 啻子

新経営ヒント
第51回 BtoB事業での価格転嫁の円満な実現
/株式会社小宮コンサルタンツ 経営コンサルタント 斎藤 創

判例からみる税法解釈
第66回 配当期待権と配当所得の二重課税と非課税規定
(大阪地裁令和3年11月26日判決・判タ1503号58頁)
/青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

租税手続法講座
第78回 国税通則法の登場用語一覧(4)(の~よ・了)
/香川大学法学部教授 青木 丈 

デジタル財産の税務最前線
第15回 ビットコインETFとは何か
/税理士 柳谷 憲司

税金クイズ どっちが正解?
/税理士 守田 啓一
/税理士 関根 美男

政界裏話
第75回 公明,解散阻止が至上命令
/政治ジャーナリスト 浅見 亮
政界裏話 イラスト/ひぐちにちほ
イラスト/ひぐちにちほ


シン・クマオーの消費税トラブル・バスター
第3回 社宅はどうなる?
/税理士 熊王 征秀

税理士のための はじめての自治体外部監査
第9回 業績公監査基準とは⑵
/青山学院大学名誉教授・税理士 鈴木  豊

会社法エッセンス
第72回 詐欺事件をめぐる代表取締役の善管注意義務違反等の有無
/弁護士 渡邊 涼介

新感覚! 租税判例深読み
第45回 損害賠償請求権に係る旧民法724条後段の不法行為の時
/税理士 林 仲宣・大阪経済大学経営学部ビジネス法学科専任講師 山本 直毅

実務に役立つ証拠収集方法
第54回 弁護士会照会を受けた場合の対応
/弁護士 宗宮 英恵

時代を紡ぐ言葉 
第30回 タワーマンション
/評論家 和泉 哲雄

視点をひろげる岡目八目
第30回 中小企業は中堅企業化すべきか?
/税理士 冨永 昭雄

酒井教授の百名山おぢ散歩
第26回 五竜岳
/中央大学法科大学院教授 酒井 克彦

税理士のための はじめての自治体外部監査
第9回 業績公監査基準とは⑵
/青山学院大学名誉教授・税理士 鈴木 豊

中小企業目線の国際税務入門 
第42回 出国に伴う税務~国外転出時課税制度との関係
/前明治大学大学院教授 川田  剛 

地方税プロムナード 
第18回 従業者について(その5)
/地方税法研究会

歴史に問われた起業家たちの胆力 
第99回 不退転の信念と天賦の商才──出光佐三
/歴史家・作家 加来 耕三 

税務キャッチ・アップ

相続税・贈与税関係 事業承継税制の見直しに関する注意点
/税理士 熊谷 洋平

地方税関係 外形標準課税の適用対象法人の拡大
/税理士 山下 晃央


月間ダイジェスト[令和6年4月]
速税トピックス 2024年4月11日号・4月21日号・5月1日号
別冊付録 ◆定額減税の実務ポイント

 

図書分類

最近見た書籍

  • 税務・経営
    月刊 税理 2024年6月号 特集:ケー
    2,200円(税込み)

新着書籍

  • 法曹・法務
    交通事故民事裁判例集 第56巻 第3号(
    3,850円(税込み)
  • 法曹・法務
    ケース別 一般条項による主張立証の手法(
    3,960円(税込み)

売れ筋書籍ランキング