シリーズ財産評価の現場 総則6項の適用ポイント|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
試し読み

シリーズ財産評価の現場 総則6項の適用ポイント ※Kindle版をご希望の方はこちら▶>Amazonへ

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
税理士 風岡 範哉/著
判型
A5・224ページ
商品形態
単行本・電子書籍
雑誌コード
図書コード
5108946-00-000
8173507-00-000
ISBNコード
978-4-324-11406-3
発行年月
2024/05
販売価格
2,970 円(税込み)

内容

財産評価の例外規定のいわゆる「総則6項」!
判断に迷う適用・不適用の分岐点が分かる!


財産評価の現場においては・・・
裁判例で、通達によらずに個別に評価することの「特別の事情がある場合」に評価通達6項(「この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する。」)の適用(いわゆる総則6項の適用)が認められると判示されています。

【本書の特長】
★どのような場合に通達によらない評価(総則6項)が適用されるかについて、裁判・裁決例等からその判断基準や考え方を解説。 ★鑑定評価の採否について、採用されなかったケースを取り上げ、どのような理由で採用されなかったかを明らかに! ★株式評価に係る最新の令和6年1月18日東京地裁判決の解説も収録。

 

目次


第1章 総則6項適用のこれまで 第2章 タワマン節税と総則6項 第3章 総則6項による租税回避の否認と通達改正 第4章 地価の下落と総則6項 第5章 不動産鑑定評価の採否 第6章 倍率方式と総則6項 第7章 家屋評価と特別の事情 第8章 売買実例価額は時価となり得るか 第9章 株式鑑定は時価となり得るか

 

著者紹介


風岡 範哉(かざおか・のりちか)
税理士・宅地建物取引士。相続専門の税理士事務所を経営。
主な論文に「財産評価基本通達6項の現代的課題」第28回日税研究賞入選(2005年)、「土地・取引相場のない株式の評価と租税訴訟」税務事例473号、「相続税・贈与税の課税処分における理由附記」租税訴訟№8(2015年)、2021年に小社より『シリーズ 財産評価の現場 土地の評価単位』を刊行。


図書分類

最近見た書籍

  • 税務・経営
    シリーズ財産評価の現場 総則6項の適用ポ
    2,970円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    旬刊 速報税理 2024年6月1日号
    847円(税込み)
  • 行政・自治
    月刊 ガバナンス 2024年6月号  特
    1,320円(税込み)

売れ筋書籍ランキング