行政における調査・学習・教訓導出―福島第一原発事故を中心に|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン

年報行政研究56 行政における調査・学習・教訓導出 ―福島第一原発事故を中心に

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
日本行政学会/編
判型
A5 268ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5181343-00-000
ISBNコード
978-4-324-10978-6
発行年月
2021/05
販売価格
3,520 円(税込み)

内容

福島第一原発事故から10年、
当時の事故調査を再検証する論文集。

●日本行政学会の年報として毎年発刊している機関誌です。 ●行政学の大家たちが、「行政における調査・学習・教訓導出」というテーマで論述。福島第一原発事故を題材に、あの事故から行政は何を学んだか/学びうるかを多角的に分析し、国・地方自治体の教訓導出の在り方に光を当てる論文集です。

原子力規制庁長官、当時の内閣事故調・国会事故調の両委員長、行政学者らによるパネル・ディスカッションを収録!

 

目次

<基調講演/パネル・ディスカッション>
・事故調査と学習―福島第一原子力発電所事故調査報告書とその後のフォローアップを素材として―(荻野 徹・畑村洋太郎・黒川 清・城山英明)

<特集論文>
・政府学習の分析枠組みをどのように再構築するか:学習の構造とプロセス(秋吉貴雄) ・失敗の伝承、伝承の失敗―原発事故の経験から―(今井 照) ・行政における福島第一原発事故からの学習―長期的学習(人材育成)を中心に―(藤田由紀子)

<公募論文>
・原発再稼働に対する市町村議会の態度―東海第二原発をめぐる意見書の計量分析を通じて―(砂金祐年) ・行政学における方法論の厳密化と多元的共存(篠原舟吾・小林悠太・白取耕一郎) ・公共サービス動機づけ(Public Service Motivation)と職務満足度等との関連性に関する実証研究―最小二乗回帰と分位点回帰による特別区職員データの分析―(林 嶺那・深谷 健・箕輪允智・中嶋茂雄・梶原静香) ・政令指定都市における財政赤字の比較分析―1975年~2014年―(和足憲明)

 

編著者プロフィール

日本行政学会(にほんぎょうせいがっかい:Japanese Society for Public Administration)
会員数約700名を擁する、日本の行政学者・大学院生を対象とした学術団体(http://www.js-pa.org/)。

最近見た書籍

  • 行政・自治
    年報行政研究56 行政における調査・学習
    3,520円(税込み)

新着書籍

  • 法曹・法務
    所有者不明土地の発生予防・利用管理・解消
    3,300円(税込み)
  • 行政・自治
    押さえておきたい 医療保険・保健行政(予
    2,200円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ