教師の話し方・聴き方 ことばが届く、つながりが生まれる

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
石井順治/著
判型
A5・176ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107547-00-000
ISBNコード
978-4-324-08882-1
発行年月
2010/03
販売価格
2,096 円(税込み)

内容

授業研究、国語教育の実践に定評のある著者が、“ことば”をテーマに、学校・学級が“学びあう”ための秘訣を紹介。

学校現場の授業づくりのテーマとして、「学びあい」が大きくクローズアップされています。
この「学びあい」とは、教師の確かな指導のもとで、「子ども同士がお互いに意見を交換しあいながら学習を深めていく」というものです。

ところが、教師の説明が長すぎるなどの原因から、子どもの学びあいが妨げられているケースが多々あることが指摘されています。

そこで、よりよい「教師の話し方・聴き方」のポイントを多数の実践例を盛り込みながら、具体的に活用できるものとして紹介します。

また、本書は授業づくり以外にも、以下のように、教師が校内外で直面する様々な場面を想定しています。
【子ども】
これまでよく見られていた画一的な対応ではなく、子ども一人ひとりの多様な考えを引き出す手法を紹介。
【保護者】
「モンスターペアレンツ」に代表されるように、保護者対応は学校の喫緊の課題です。
【同僚】
校内の急速な世代交代(団塊世代の大量退職・若手教師の急増)で、同僚とのコミュニケーションの取り方が難しくなっていることが問題となっています。



目次


1 あなたは、どんな話し方、聴き方をしていますか?
 ・子どものおしゃべり、話しかければ止みますか?
 ・あなたの話、子どもたちは本当に聴いていますか?
 ・長い話、くどい話になっていませんか?
 ・子どものことばを待てますか?
 ・どんなことに留意しながら子どもの話を聴いていますか?
 ほか

2 授業を変える話し方・聴き方
 ・間違いに存在する子どもの考えが聴けたとき
 ・予測を超える子どもの考えを受け取れたとき
 ・子どもの考えに即興的に対応できるとき
 ・子どもの考えがテキストとつながるとき
 ほか

3 ことばがつながりと信頼感をはぐくむ〜子どもと、保護者と、同僚と
 ・子どもの心を解きほぐす教師の語りかけ
 ・子どものやる気を引き出す教師のことば
 ・信頼感をはぐくむ保護者との対話
 ・学び合いを深める同僚とのコミュニケーション
 ・研究協議会におけるコミュニケーション
 ほか


--------------------------------------
著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 石井順治…いしい・じゅんじ/東海国語教育を学ぶ会顧問

最近見た書籍

  • 教育・文化
    教師の話し方・聴き方
    2,096円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)
  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)

売れ筋書籍ランキング