在庫僅少

難解事例から探る 財産評価のキーポイント 第2集

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
笹岡宏保/著
判型
B5・560ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108156-00-000
ISBNコード
978-4-324-09993-3
発行年月
2015/11
販売価格
6,804 円(税込み)

内容

土地評価の<最新実例>24ケースを徹底分析!


税務上の土地の評価は、土地の形状や周囲環境等の違いから極めて個別性が強く、評価通達・基準書が複雑に絡み合っているため、しばしば評価額をめぐって納税者と課税庁の争いともなっています。

本書では、土地の評価について争われた裁決事例、しかも特に難解な24事例を題材に、その内容を詳細に分析、土地評価のエッセンスを抽出していきます。

相続税・贈与税の財産評価をはじめ、法人税の資産評価の場面でも、適正な土地評価は税理士の重要業務。税務トラブル回避のためにも、本書は必読の1冊!

※『難解事例から探る 財産評価のキーポイント』(平成24年9月刊)の事例との重複は一切ありません。



目次

24のケース別に収録

◇区分所有財産(マンション)の評価

◇国外の土地使用権の評価

◇路地状開発の合理性の判定

◇地方公共団体に貸し付けられた土地の評価

◇セットバックが必要な土地の評価

◇無道路地評価における道路開発費用の算定

◇市街化調整区域内宅地の広大地評価の可否

◇特定路線価によらない評価の合理性

◇不整形地の評価における想定整形地の作定

◇使用貸借から賃貸借に移行した時期の判定

◇私道の用に供されている宅地の評価

◇利用価値が著しく低下している宅地の評価

◇宅地と市街地農地が隣接している場合
  ――など、合計24事例を紹介!


--------------------------------------
編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 笹岡宏保…ささおか・ひろやす/税理士。昭和37年、神戸市生まれ。
                     昭和56年、関西大学経済学部入学。
                     在学中に税理士試験合格。昭和60年、関西大学経済学部卒業。
                     平成3年、笹岡会計事務所設立。
                     現在、財産評価のスペシャリストとして活躍。
                     著書多数、年間約200回の講演をこなしている。

最近見た書籍

  • 税務・経営
    難解事例から探る 財産評価のキーポイント
    6,804円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    自治体病院経営ハンドブック 令和元年度版
    4,860円(税込み)
  • 行政・自治
    令和元年度版 要説固定資産税(予約)
    3,132円(税込み)

売れ筋書籍ランキング