自治立法綱要

編著者名
石毛 正純/著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108437-00-000
ISBNコード
978-4-324-10512-2
発行年月
2018/10
販売価格
3,780 円(税込み)

内容

ベストセラー「法制執務詳解」の著者による“自治立法”の体系書!

自治立法(地方公共団体による条例・規則の制定)に関する、憲法、行政法、地方自治法、刑法の論点について、
これまでの主要な学説・判例を整理し、その概要を示します。

論点ごとに学説・判例の価値判断を分析検討し、自治立法の本質を深く考えるための体系書です。

法制執務担当者はもちろん、議員、議会事務局担当者も必読の書です。


目次

第1章 序説
 第1節 法令の体系
 Ⅰ 法令の体系と自主法の地位
 Ⅱ 法令の種類
 Ⅲ 法令の体系・秩序維持のための原理
 第2節 地方自治の保障
 Ⅰ 憲法における地方自治の保障
 Ⅱ 地方自治の本旨

第2章 条例
 第1節 条例の意義
 Ⅰ 憲法上の条例
 Ⅱ 自治法上の条例(狭義の条例)
 第2節 条例制定権の範囲と限界
 Ⅰ 地方公共団体の事務
 Ⅱ 条例制定の対象事務
 Ⅲ 憲法と条例との関係
 Ⅳ 法律と条例との関係
 Ⅴ 地方公共団体の条例と規則の関係
 Ⅵ 都道府県条例と市町村の条例との関係
 第3節 条例の罰則
 Ⅰ 序論
 Ⅱ 条例で定めることのできる罰則
 Ⅲ 条例の罰則に対する刑法総則の適用
 Ⅳ 条例と刑罰法規明確性の原則
 Ⅴ 両罰規定
 第4節 条例の制定・改廃及び公布の手続
 Ⅰ 条例案の提出
 Ⅱ 条例の成立
 Ⅲ 条例の公布と施行
 Ⅳ 条例の制定・改廃の報告等
 第5節 条例の効力
 Ⅰ 条例の時間的効力
 Ⅱ 条例の地域的効力
 Ⅲ 条例の人的効力

第3章 規則及び行政委員会の規則その他の規程
 第1節 規則
 Ⅰ 規則の意義
 Ⅱ 規則留保事項
 Ⅲ 規則の種類
 Ⅳ 規則制定権の範囲と限界
 Ⅴ 規則の罰則
 Ⅵ 規則の制定及び公布の手続
 Ⅶ 規則の効力
 第2節 行政委員会の規則その他の規程
 Ⅰ 行政委員会の規則その他の規程の意義
 Ⅱ 行政委員会の規則その他の規程制定権の範囲と限界
 Ⅲ 行政委員会の規則その他の規程の制定及び公布の手続
 Ⅳ 行政委員会の規則その他の規程の効力

資料
索引

最近見た書籍

  • 行政・自治
    自治立法綱要
    3,780円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    統一地方選挙の手引 平成31年(予約)
    2,300円(税込み)
  • 行政・自治
    自治体法務の基礎から学ぶ 指定管理者制度
    2,700円(税込み)

売れ筋書籍ランキング