立ち読み

保育者のための 心の仕組みを知る本

ストレスを活かす 心を守る
編著者名
掛札逸美/文 柚木ミサト/絵
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108344-00-000
ISBNコード
978-4-324-10346-3
発行年月
2017/07
販売価格
1,620 円(税込み)

内容

「ピアノ、弾けない……。どうしよう、生活発表会……」
「○○先生とは保育観が違うから、一緒に仕事できません!」
「熱が出てるのに、なぜすぐ迎えに来ないの?」

「いやだなあ」は自分で変えられる
ストレスは自分を育てる鍵になる


イラストをながめて、「そうそう!」
本文を読んで、「そうだね…」
解説を読んで、「ふ~ん、そうなんだ!」
どこから読んでも、そこだけながめても、「」な一冊です

【著者メッセージ】
ここに書かれている話や言葉はすべて、保育現場で働いている皆さんの体験であり、言葉です。
「こんな時、どうしたらいい?」「こんなふうに考えているんだけど……」、あちこちで聞かせていただいたお話のほんの一部、でもよく耳にするお話を取り上げて、まとめました。

掛札逸美(心理学博士、NPO法人保育の安全研究・教育センター代表)


目次(抜粋)


第1章 ストレスは悪いもの?
 ●ストレスは悪いもの?
 ●悪いストレスと良いストレスの線引き
 ●あなたの見方と行動がストレスの影響を決める

第2章 「いやだなあ」は自分で変えられる
 ●ストレス評価のしかたは、人それぞれの「クセ」
 ●ストレスに対する評価(認知)の習慣は変えられる

第3章 見方を変える、考え方を変える、行動を変える
 例1:「私が言っていること、どうしてわからない?」「私は誤解されやすい」「先輩の言っていることが理解できません」
 例2:「どうして、○○先生は~してくれないのか」「去年の先生は、なにも言わなくても動いてくれたのに」
 例3:「こっちの作業を先にするのが当然なのに、なぜ、しない?」「こういう時は~すべきなのに」「私の思い通りにならない!」
 例4:「保育はこうあるべきなのに、○○先生は…」「子どもは普通、こうじゃなきゃ」「この子は変」
 例5:「○○先生とは保育観が違うから、一緒に仕事できません」「他の先生も、〇〇先生はダメって言ってますから」
 例6:「人(職員、保護者)にどう見られているか、気になる」「話すのがヘタで、(職員、保護者に)バカにされていると思う」「これが私の保育です。ちゃんとできてます」
 例7:「おとなとのコミュニケーションがヘタです」「どうせ私にはできないから」
 例8:「園で働いている人たちと友だちになれない」「クラスの先生たちに意見を言えない」
 例9:「子どもの話をしても、親が熱心に聞いてくれない」「なぜ、熱が出たのに迎えに来ないのか」「送迎の時に機嫌が悪い」
 例10:「(保護者の)○○さん、なんとかしてあげたい」「○○さんの話を聞いていると大変そう。同情してしまう」「あの親を変えなきゃ。子どもがかわいそう」

【トンネル・ビジョン:今、目の前にある問題が本当の問題?】
本当の問題は保育者の配置が足りないこと
労働環境・条件自体が問題なのに
保護者もトンネル・ビジョンに陥っている
「保育がつまらない」のも当然

第4章 自分の感情を認めてあげる。「今、ここ」にいてみる
 ●自分自身の感情を眺めてみる
 ●心身の健康に効果のあるマインドフルネス
 ●感情や解釈、反応の習慣を少しずつ変えていく
 ●マインドフルネス・トレーニング
 ●「これが不安なんだね」と知ることで安心する
 ●自分自身の本当の理解者になるために

第5章 ストレスを活かし、心を守るために
 ●ストレスを感じた時の2 つの対処方法
 ●「ダメだ!」のサインが出たら専門家へ
 ●これはアドバイス? それともパワハラ?
 ●「働く者として大切にされている」と感じる環境

最近見た書籍

  • 教育・文化
    保育者のための 心の仕組みを知る本
    1,620円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    南三陸町 屋上の円陣(予約)
    1,944円(税込み)
  • 税務・経営
    税務六法 平成29年版 法令編・通達編セ
    11,556円(税込み)

売れ筋書籍ランキング