入門 介護予防ケアマネジメント 〜新しい総合事業対応版〜

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
結城康博・服部真治/監修
総合事業・介護予防ケアマネジメント研究会/編著
判型
B5・180ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108280-00-000
8171598-00-000
ISBNコード
978-4-324-10200-8
発行年月
2016/10
販売価格
2,420 円(税込み)

内容

新しい総合事業に対応するために、実務担当者は「何を準備」し、「何を注意すべきか」が、この一冊でよくわかる!

平成27年の介護保険制度の改正において、「介護予防・日常生活支援総合事業」(総合事業)が新たに設けられました。その「総合事業」のうちの1つである「介護予防の推進」について、総合事業の概略、自治体窓口からの介護予防ケアマネジメントの流れ、具体的な介護予防ケアマネジメントマニュアルとアセスメントシートの作成例を掲載しました。

■介護保険制度の平成27年改正において、「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」が新設され、全ての自治体は平成29年4月までに、現行の制度から、新たな制度に移行することとなりました。

■本書は、総合事業の1つである「介護予防の推進」について、新たな介護予防ケアマネジメントをどのように進めていけばよいか、具体的な事例を使ってわかりやすく解説しました。

■さらに、総合事業移行から1年が経過した地域包括支援センターの実例と実践課題、自治体実務担当者、居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)における実践課題もまとめました。

目次

序 章 総合事業におけるケアマネジメントの重要性

第1章 総合事業の概要と介護予防ケアマネジメント

第2章 総合事業における介護予防の視点

第3章 具体的な介護予防ケアマネジメント事例

第4章 地域包括支援センターの実践課題

第5章 市町村実務担当者の実践課題

第6章 居宅介護支援事業所における実践課題〜民間ケアマネジャーの立場から〜

第7章 総合事業移行後、1年が経過して

終 章 総合事業と介護予防ケアマネジメントの可能性と課題

最近見た書籍

  • 行政・自治
    入門 介護予防ケアマネジメント
    2,420円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    学校教育・実践ライブラリ Vol.7(予
    1,485円(税込み)
  • 税務・経営
    実務にすぐ役立つ 改正債権法・相続法コン
    3,190円(税込み)

売れ筋書籍ランキング