橋があぶない ―迫り来る大修繕時代―

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
依田照彦、高木千太郎/共著
判型
B6
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
8171770-00-000
ISBNコード
978-4-324-08873-9
発行年月
2010/10
販売価格
1,572 円(税込み)

内容


戦後から今日まで作った社会資本に老朽化の波が押し寄せています。
千葉県君津市の君津新橋で鋼材の破断が見つかり、通行止めになっているように、いよいよ社会資本の点検・修繕を本格的に行わなければならない状況です。

しかし、地方公共団体においては、人と予算が足りず点検すら出来ない状況でもあります。
また、そのような状況にも関わらず、「公共事業」は負のイメージが強く、予算が削られていく一方です。

本書は、社会資本の維持・管理の現状について、橋梁の話を中心に、このままの状態の場合どのような状況になるのか、今後の予測・課題を書き下ろした1冊。

民間橋梁技術者(受注者側)の第一人者である依田教授と、自治体の現場(発注者側)の第一人者である高木氏が、それぞれの立場から、近い将来耐用年数を迎える社会資本の維持管理について、問題提起を行います。



目次


1 このままでは橋が落ちる?
2 落ちない橋はつくれるのか?
3 橋は誰が守るのか?
4 橋は誰のものか?
5 橋のない日本に未来はあるか?


--------------------------------------


共著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 依田照彦…よだ・てるひこ/早稲田大学理工学術院教授
 高木千太郎…たかぎ・せんたろう/元東京都橋梁構造専門副参事

最近見た書籍

  • 行政・自治
    橋があぶない ―迫り来る大修繕時代―
    1,572円(税込み)

新着書籍

  • 法曹・法務
    契約書式実務全書 第3版 全3巻セット(
    36,300円(税込み)
  • 法曹・法務
    契約書式実務全書 第3版 第1巻(予約)
    12,100円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ