地域活性化未来戦略|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
在庫なし

地域活性化未来戦略

編著者名
斉藤 俊幸/編著
判型
A5・230ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300336-00-000
ISBNコード
978-4-324-80137-6
発行年月
2024/01
販売価格
2,800 円(税込み)

内容

・地域活性学会の有志16人が現代の地域活性化の未来を思い、各専門の立場から提言を行った実践書。16人が専門分野の著作を持ち寄り、1冊にまとめているので、各々の立場から見た「地域活性化の視点」が描かれています。 ・全5章の構成で、地域活性化のために重要なポイントを、大きく「組織」「人材」「連携」の観点に分類して解説しています。

 

目次


Ⅰ 地域活性化政策はどこに向かっているのか
Ⅰ-1 地域活性化未来戦略(斉藤 俊幸)
Ⅱ 今、できることは何か
Ⅱ-1 人口減少時代の自治体組織の活性化(市田 明子)
Ⅱ-2 移住促進は逆転の発想で地元の“ 縁” 者を狙え!(丸山 泰)
Ⅱ-3 個の確立と主体性を重視した移住政策はこうして作れ!(大友 和佳子)
Ⅱ-4 対話を重視したオガールが示す公共空間の意味(東海林 伸篤)
Ⅲ 地域が育てるべき人材とは何か
Ⅲ-1 地域スポーツによる地域人材の育成(大崎 哲也)
Ⅲ-2 地域で、地域と、人材を育てる公立大学―直近の設置事例を参照して(鳥山 亜由美)
Ⅲ-3 地域における看護人材~大学における入試戦略(福山 祐介)
Ⅲ-4 「挑戦人材」の支援エコシステムの重要性(小笠原 由佳)
Ⅳ 連携がポイントだ!
Ⅳ-1 地域伝統産業のイノベーションハブの形成(大島 裕市)
Ⅳ-2 インターンシップによる地域連携(今永 典秀)
Ⅳ-3 地域での消費購買行動促進システムを導入した新しいサイクルツーリズム(海野 麻恵)
Ⅴ 力を合わせよう!
Ⅴ-1 SDGs ビジネスのススメ(松本 茂樹)
Ⅴ-2 地域学習で社会を変えよう―地域づくりとESD(世直し教育)―(河本 大地)
Ⅴ-3 社会システムをどう変革してゆくのか(岡田 久典)
特別寄稿
「地域未来共創の時代」―持続可能なコモンズデザインの視座-(風見 正三)

 

最近見た書籍

  • 行政・自治
    地域活性化未来戦略
    2,800円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    月刊 税理 2024年8月号 特集:事例
    2,200円(税込み)
  • 税務・経営
    旬刊 速報税理 2024年7月21日号
    847円(税込み)

売れ筋書籍ランキング