月刊 「税理」2021年4月臨時増刊号 税務手続のデジタル化――その実務と課題

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
日本税理士会連合会/監修
判型
B5
商品形態
雑誌
雑誌コード
05624-04
図書コード
7114001-21-041
ISBNコード
発行年月
2021/03
販売価格
2,648 円(税込み)

内容

本臨時増刊号は、『月刊 税理』の年間購読に含まれます。
本誌2021年4月号が範囲内にある年間購読をされているお客様には、自動的に本号をお送りいたします。

--------------------------------------

税務手続のデジタル化――その実務と課題

目次

はじめに

第1章 納税環境のデジタル化が求められる背景
Ⅰ 「経済社会の構造変化を踏まえた令和時代の税制のあり方」の概要
Ⅱ  経済財政運営と改革の基本方針2020
Ⅲ デジタル改革関係閣僚会議等における最近のデジタル化の流れ
Ⅳ 規制改革推進会議における議論
Ⅴ 規制改革推進会議議長・座長会合
Ⅵ デジタル改革の政府税制調査会での議論
Ⅶ 与党大綱における令和3年度税制改正の考え方と納税環境のデジタル化

第2章 令和3年度税制改正で進む税務手続のデジタル化
Ⅰ 国税関係書類における押印義務の見直し
Ⅱ 地方税関係書類における押印義務の見直し
Ⅲ 納税管理人制度の拡充
Ⅳ スマートフォンを使用した決済サービスによる納付手続の創設
Ⅴ 国外からの納付方法の拡充
Ⅵ e―Tax による申請等の方法の拡充
Ⅶ 処分通知等の電子交付の拡充
Ⅷ クラウド等を利用した支払調書等の提出方法の整備
Ⅸ 納税地の異動があった場合における質問検査権の管轄の整備
Ⅹ 地方税共通納税システムの対象税目の拡大
Ⅺ 個人住民税の特別徴収税額通知の電子化

第3章 新しい税務手続のデジタル化とこれまでの経緯
Ⅰ 電子申告の導入開始までの議論と検証
Ⅱ 新しい税務手続のデジタル化

第4章 電子帳簿保存法の抜本的改正の内容
Ⅰ 電子帳簿保存法の令和3年度改正案
Ⅱ 電子帳簿等保存制度の概要
Ⅲ 電子帳簿保存法の各保存制度の保存要件
Ⅳ 他の国税に関する法律の規定の適用
Ⅴ 所轄税務署長等による事前承認制

第5章 押印原則の見直し
Ⅰ 改正の背景
Ⅱ 税務関係の押印手続の見直し
Ⅲ 電子申告の場合の押印に関する規定
Ⅳ 真正に成立したものと推定する規定の考え方
Ⅴ 押印の代替手段としての電子署名の活用
Ⅵ 行政手続における書面主義,押印原則,対面主義の見直しの基本的考え方
Ⅶ 民間の取引における見直し
Ⅷ 押印文化は今後どのようになるのか
Ⅸ まとめ

第6章 税務手続のデジタル化をめぐる今後の課題
Ⅰ 税務手続のデジタル化をめぐる現状
Ⅱ 税理士制度の見直し
Ⅲ 税務手続のデジタル化

図書分類

最近見た書籍

  • 税務・経営
    月刊 「税理」2021年4月臨時増刊号 
    2,648円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    イラストBOOK たのしい保育[全6巻セ
    9,240円(税込み)
  • 教育・文化
    イラストBOOK たのしい保育 子どもの
    1,540円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ