ヴェルサイユ体制 対 ケインズ――説得の活動/ニュー・リベラリズム/新たな経済学|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン

ヴェルサイユ体制 対 ケインズ 説得の活動/ニュー・リベラリズム/新たな経済学

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
平井 俊顕/著
発行:上智大学出版
発売:ぎょうせい
判型
四六判・540ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300319-00-000
ISBNコード
978-4-324-11156-7
発行年月
2022/07
販売価格
4,620 円(税込み)

内容

第1次大戦後のヴェルサイユ体制下におけるケインズの時論的説得活動の全て

現代経済学の巨人・ケインズは、第1次世界大戦中は英国の大蔵省官僚であり、
パリ講和会議には大蔵省首席代表として参加したものの、
連合国の対独賠償要求に反対して辞任する。
ケインズがその後のヴェルサイユ体制に対しどのように対峙したのか。
政策立案者、政治経済評論家、説得活動家、ジャーナリストとして展開した広範囲にわたる活動を、
一次資料を丁寧に読み解きながら考察する。

〇ケインズ研究で著名な著者が、新たな視点で切り込んだ学術書。 〇第1次世界大戦から第2次世界大戦勃発までの欧米の政治経済情勢を縦糸とし、その情勢のなかで諸個人がどのような活動を見せていたのかを横糸として編纂。
関連する多くの指導的人物の行動、思想、提案等も関連資料に依拠しつつ、分析・解説する。

 

目次


第1章 第1次大戦 ―― 覇権、確執、民族のスパイラル的暴発 第2章 パリ講和会議 第3章 『平和の経済的帰結』―― 「カルタゴの平和」 対 「ケインズ案」 第4章 ワイマール期、イギリス経済、ケインズの理論・政策活動 第5章 政治経済的混迷に立ち向かって ―― 政治的影響力を探りつ 第6章 「ニュー・リベラリズム」の展開 ―― ケインズの新しい社会哲学 第7章 賠償(および戦債)問題 第8章 20年代の欧米日情勢 ―― 共産主義・独裁の進展、国際協調、発展と停滞 第9章 30年代の欧米日情勢 ―― 破局に向かうヨーロッパ 第10章 『貨幣論』、そして『一般理論』へ ―― 1930年代のケインズ 

 

著者紹介


平井 俊顕(ひらい としあき)
1971年 東京大学経済学部卒業
1977年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了 2012年3月まで 上智大学経済学部教授
現在  上智大学名誉教授
ケインズ学会会長
ケインズ全集編集幹事
2012年 一橋大学客員教授
2016年 カッシーノ大学(イタリア)客員教授 〈専攻〉  経済学史・理論経済学

 

最近見た書籍

  • 教養・一般
    ヴェルサイユ体制 対 ケインズ
    4,620円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    逐条解説 下水道法 第五次改訂版(予約)
    6,820円(税込み)
  • 行政・自治
    下水道法令要覧 令和5年版(予約)
    8,250円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ