教養・一般

防災システム研究所 所長 山村 武彦氏の新刊『感染症×大規模災害 実践的 分散避難と避難所運営』発売中!

「複合災害にどう立ち向かうか?」について、本書の一部を山村氏が解説した動画をYouTubeにて公開中です。
(約3分18秒)




著者プロフィール


山村 武彦(やまむら・たけひこ) 防災システム研究所 所長

1943年、東京都出身。1964年、新潟地震でのボランティア活動を契機に、防災・危機管理のシンクタンク「防災システム研究所」を設立。以来50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。報道番組での解説や日本各地での講演、執筆活動などを通じ、防災意識の啓発に取り組む。また、多くの企業や自治体の防災アドバイザーを歴任し、BCP(事業継続計画)マニュアルや防災マニュアルの策定など、災害に強い企業、社会、街づくりに携わる。座右の銘「真実と教訓は、現場にあり」。実践的防災・危機管理の第一人者。



『感染症×大規模災害 実践的 分散避難と避難所運営』 (ぎょうせい、2020年8月刊)

防災システム研究所 所長 山村武彦/著


知らないでは済まされない!複合災害にどう立ち向かうか。感染症蔓延時に大規模災害が起こったら…いのちを守るために、今私たちができることは?
複合災害に備えて知っておきたい避難所運営・避難の方法・避難者のマナー等を分かりやすく解説しています。

パンデミック後のニューノーマルにおける防災の在り方を詳しく知りたい方にピッタリの内容です。ぜひご覧ください!

最近見た書籍

新着書籍

  • 税務・経営
    難解事例から探る 財産評価のキーポイント
    7,040円(税込み)
  • 行政・自治
    令和元年度 国語に関する世論調査 漢字・
    4,180円(税込み)

売れ筋書籍ランキング