固定資産税土地評価の実務ポイント|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
売れ筋
試し読み

令和6基準年度対応版 固定資産税土地評価の実務ポイント ※Kindle版をご希望の方はこちら▶>Amazonへ

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
一般財団法人日本不動産研究所
固定資産税評価研究会/編著
判型
A5・260ページ
商品形態
単行本・電子書籍
雑誌コード
図書コード
5108819-00-000
8173093-00-000
ISBNコード
978-4-324-11189-5
発行年月
2022/08
販売価格
3,630 円(税込み)

内容

固定資産税担当部署の定番書

固定資産税土地評価はこの1冊で!
3年に1度の土地評価替え(次は令和6年)に備えるための最新版!


<特色>
☆ 令和6基準年度の固定資産税土地評価の要点をわかりやすく解説! ☆ 「税」連載でもお馴染みの執筆陣で信頼の内容! ☆ 不整形地や災害ハザードエリアなど、個別の評価項目についても詳説!

【「固定資産税評価替え」とは】
 固定資産税は、固定資産の価値、「適正な時価」を課税標準として課税されるものです。本来であれば毎年度評価替えを行い、適正な時価をもとに課税を行うことが税負担の公平に資することになりますが、膨大な量のある土地、家屋は毎年度評価を見直すことは実務的に事実上不可能であることや事務の簡素化、徴税コストを抑える観点から3年毎に評価額を見直すこととなっています。昨年度(令和3年度)評価替え基準年度を迎え、本年度(「評価替え第2年度」と呼びます)から来年度(評価替え第3年度)までは、評価替え年度の価格が据え置かれます。

目次

第1篇 固定資産税の土地評価~総論~
第1章 地目別の評価方法
第2章 宅地の評価方法
第3章 宅地の評価における所要の補正
第2篇 標準宅地の鑑定評価
第1章 固定資産税評価における不動産鑑定評価の活用の意義
第2章 標準宅地の鑑定評価書の見方
第3章 主要な街路の路線価の付設
第3篇 固定資産税の土地評価~各論~
第1章 広大地の評価
第2章 土地区画整理事業施行地区にある土地の評価
第3章 不整形地の評価(不整形地補正)
第4章 災害ハザードエリアにある土地の評価
第5章 その他の雑種地の評価
第6章 ゴルフ場用地の評価


著者紹介

■一般財団法人 日本不動産研究所 固定資産税評価研究会
昭和34年創立以来、不動産に関する理論的・実証的研究、鑑定評価、コンサルティング業務等を先導的に展開する総合シンクタンク。国内最大の不動産鑑定評価機関として、固定資産税評価は昭和57年度の評価替えより固定資産評価基準への準拠と適正な時価の追求のための鑑定業務を実施。本書執筆の「固定資産税評価研究会」のメンバーは、研究所内の固定資産税評価及び関連業務を行う専門家であり、日々市町村の固定資産税評価・税務支援、各種委員会への参画、専門誌への寄稿等で活動している。月刊『税』「ここが知りたい最新税務Q&A 固定資産税(評価)関係」連載中。

図書分類

最近見た書籍

  • 行政・自治
    固定資産税土地評価の実務ポイント
    3,630円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    旬刊 速報税理 2022年10月11日号
    770円(税込み)
  • 行政・自治
    月刊 地方自治 2022年10月号
    836円(税込み)

売れ筋書籍ランキング

ぎょうせいオンライン開設記念!1冊から送料無料(一部商品を除く) 楽天ペイでポイントも貯まります!楽天ペイ