博物館情報・メディア論

編著者名
日本教育メディア学会/編
判型
B5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107914-00-000
ISBNコード
978-4-324-09584-3
発行年月
2012/02
販売価格
2,571 円(税込み)

内容

学芸員養成課程に新設された必修科目「博物館情報・メディア論」に完全準拠した他に類書の無い1冊。(2013/1/31現在)

博物館法の改正に伴い、学芸員課程の必修単位として「博物館情報・メディア論」が新設されました。
博物館を取り巻く状況が大きく変わるなか、従来のように所蔵品をただ陳列するだけでなく、さまざまな情報発信やメディアを活用することが求められています。
本書は、学生はもとより、博物館、美術館、科学館等の現役の学芸員の仕事改善の参考となるために刊行いたします。



目次


1 進化する博物館:博物館情報・メディア論へのいざない
2 それは洞窟から始まった:情報とメディアの歴史
3 博物館はメディア:博物館とメディアの発展史
4 人と人をつなぐメディアとしての博物館:情報とメディアの基礎理論
5 心は環境のなかに:博物館情報・メディアの心理と学習理論
6 新たなメディアへのいざない:博物館メディアリテラシー
7 モノが語る・メディアが語る:メディアを活用したさまざまな展示手法
8 世界とつなぐ博物館:情報収集から情報発信へ
9 のぞいてみよう収蔵庫:デジタルアーカイブスの構築と課題
10 メディアは身体:メディアによるユニバーサルの手法
11 それって誰のもの?:情報とメディアの法的な問題
12 つながる・つなげる博物館:地域メディアとの連携
演習

最近見た書籍

  • 教育・文化
    博物館情報・メディア論
    2,571円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    道路法令総覧 平成31年版(予約)
    5,724円(税込み)
  • 行政・自治
    成人になるあなたへ(予約)
    130円(税込み)

売れ筋書籍ランキング