家康はなぜ、秀忠を後継者にしたのか 〜 一族を繁栄に導く事業承継の叡智

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
加来 耕三
判型
A5・216ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108036-00-000
ISBNコード
978-4-324-09795-3
発行年月
2014/06
販売価格
2,200 円(税込み)

内容

政刊懇談会主催の第14回ほんづくり大賞にて大賞を受賞


政刊懇談会は、1965年に政府刊行物を発行する出版社と全国官報販売協同組合が中心となって、政府刊行物や実務書の普及を目的として結成された会です。

最優秀賞に「家康はなぜ、秀忠を後継者にしたのか」が受賞となりました。審査委員からは、単なる歴史書ではなく、事業承継をテーマにしている点が実務書として独創的であること、また、家康と秀忠のみではなく、織田信秀と信長など24家の事業承継事例を掲載している点が高く評価を受けました。

第14回ほんづくり大賞にて最優秀賞


事業承継成功の答えは、歴史の中にあった!!

◆歴史は、親から子への事業承継の積み重ね。多くの登場人物たちは、いかにスムーズに、自らの地位や財産を次世代につないでいくかに腐心している。

◆本書では、徳川家康―秀忠、織田信秀―信長、上杉謙信―景勝、武田信玄―勝頼……など、事業承継に成功したケースから失敗したケースまで、全24家の事業承継事例を分析。

◆多くの歴史事象から事業承継の成否のポイントを抽出することで、後継者問題に悩む現代の企業経営者や資産家らに、その極意を提示する

目次


第一章 先代の業績を堅実に受け継いだ後継者
 徳川家康―秀忠
 黒田官兵衛―長政
 前田利家―利長
 藤原鎌足―不比等
 九鬼嘉隆―守隆
 細川忠興―忠利
 細川忠利―光尚

第二章 先代を超え、飛翔した後継者
 織田信秀―信長
 柳生宗厳―宗矩
 北条時頼―時宗
 勝小吉―麟太郎(海舟)
 足利義詮―義満、
 平忠盛―清盛、蘇我稲目―馬子

第三章 先代を超えられなかった後継者
 上杉謙信―景勝
 毛利元就―隆元―輝元
 楠木正成―正行・正儀
 平清盛―知盛

第四章 一族の衰運を招いた後継者
 長宗我部元親―盛親
 武田信玄―勝頼
 源頼朝―頼家
 本多正信―正純
 加藤嘉明―明成、
 藤原忠実―忠通・頼長

?

最近見た書籍

  • 税務・経営
    家康はなぜ、秀忠を後継者にしたのか
    2,200円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)
  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)

売れ筋書籍ランキング