行政・自治

新鮮野菜を届ける貨客混載バスを運行【広島県 庄原市】


 広島県庄原市(3万6300人)は、JR西日本広島支社と協力し、高速バスを活用した貨客混載による同市農産物の販路拡大事業を開始した。
 同市の採れたて野菜を道の駅に集約して高速バスのトランクルームに積み、広島駅前のホテルまで輸送。ホテル館内のブッフェレストランの朝食・昼食時に提供する。同市の知名度向上や観光誘致、農産物の販路拡大により地域経済の活性化を図るとともに、ホテルの朝食ブッフェで産地直送の新鮮な農産物を使った料理の提供を目的としている。
月刊「ガバナンス」2019年1月号・DATA BANK2019より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 教育・文化
    リーダーズ・ライブラリ Vol.12(予
    1,458円(税込み)
  • 税務・経営
    働き方改革時代の労務トラブル解決事例
    2,268円(税込み)

売れ筋書籍ランキング