行政・自治

「AI運行バス」の実証実験を実施【神奈川県 横浜市】


 横浜市(373万7800人)は、「AI運行バス」の実証実験を実施した。
 ㈱NTTドコモ、㈱未来シェアと立ち上げた「まちの回遊性向上プロジェクト」の一環として実施したもので、10月5日から12月10日まで、みなとみらい21、関内エリアで行われた。スマホアプリや、商業・観光施設、鉄道駅などに設置された「まちかど端末」で行きたい観光施設、グルメスポット、イベント情報を検索でき、目的地にダイレクトに移動できるAI運行バスを呼ぶことができる。
 ルートやダイヤを自身で探す必要がなく、リアルタイムで最適ルートを運行し、乗車中に観光情報やクーポンも獲得できるようにした。
月刊「ガバナンス」2019年1月号・DATA BANK2019より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 教育・文化
    リーダーズ・ライブラリ Vol.12(予
    1,458円(税込み)
  • 税務・経営
    働き方改革時代の労務トラブル解決事例
    2,268円(税込み)

売れ筋書籍ランキング