行政・自治

IoT活用の鳥獣害対策実証実験を実施


静岡県藤枝市(14万6500人)は、IoTを活用した鳥獣害対策の実証実験を実施した。
 この実証実験は、わなの入口に振動を探知するセンサーを取り付け、農作物などを食い荒らすイノシシなどの動物がわなに掛かると猟友会のメンバーにメールが届くというシステム。これまで、仕掛けたわなの見回りは毎日行っていたが、この仕組みによってメンバーの負担を軽減できるようにした。

月刊「ガバナンス」2018年4月号・DATA BANK2018より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 行政・自治
    インバウンドの消費促進と地域経済活性化
    2,376円(税込み)
  • 法曹・法務
    表解 改正民法(債権関係)実務ハンドブッ
    3,996円(税込み)

売れ筋書籍ランキング