休業損害・企業損害の算定|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
NEW

速解交通事故判例調査 休業損害・企業損害の算定 (別冊交通事故民事裁判例集)

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
不法行為法研究会/編
判型
A5・392ページ
商品形態
単行本・電子書籍
雑誌コード
図書コード
5108929-00-000
8173439-00-000
ISBNコード
978-4-324-11377-6
発行年月
2024/02
販売価格
4,400 円(税込み)

内容

事例の集積から裁判所の考え方と例外事例がみえる

▼10年間の交通民集に掲載された精選判例を法的論点ごとに抽出し収録! ▼第1章では、第一線の研究者による本書掲載の交通事故判例を詳細に分析した論考を掲載しており、近年の傾向を鳥瞰できる! ▼第2章では、裁判例の要旨と判決の法的論点にかかる該当箇所を被害者類型別に収録、迅速な判例調査を実現! ▼第3章では、第2章に収録された裁判例を一覧化し、本書掲載判例の「例外事例の発見」や「類似事例の比較対照」ができるよう損害算定の諸要素をまとめて掲載! ▼第1章から第2章に、第3章から第2章へと、判例への導線を有意にすることで、「どのような事案だったのか」「どのような認定がなされたのか」がわかる!

 

目次


休業損害・企業損害の算定
第1章 休業損害・企業損害と最近の裁判例の傾向
第2章 休業損害・企業損害の裁判例(269件)
第3章 事例比較対照表

 

著者紹介


不法行為法研究会
 交通事故民事裁判例集の刊行当初から判決要旨の執筆、掲載の判断の編集を行ってきた研究者、弁護士による研究会である。

〈編集代表〉
淡路剛久(立教大学名誉教授)、大嶋芳樹(弁護士)、 藤村和夫(日本大学大学院講師・弁護士)

〈要旨執筆者〉
編集代表ほか、伊藤高義(名古屋大学名誉教授)、西村孝一(弁護士)、武田昌邦(弁護士)、小賀野晶一(千葉大学名誉教授)、須嵜由紀(弁護士)、青野博之(駒澤大学法科大学院教授)

 

図書分類

最近見た書籍

  • 法曹・法務
    休業損害・企業損害の算定
    4,400円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    地方選挙の手引 令和6年(予約)
    2,970円(税込み)
  • 法曹・法務
    所有者不明私道への対応ガイドライン(第2
    330円(税込み)

売れ筋書籍ランキング