Q&A 空き家譲渡特例のすべて|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン
試し読み

Q&A 空き家譲渡特例のすべて 令和6年施行対応版 ※Kindle版をご希望の方はこちら▶>Amazonへ

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
税理士法人安心資産税会計・税理士
高橋安志/監修 大塚政仁・平田康治/著
判型
A5・328ページ
商品形態
単行本・電子書籍
雑誌コード
図書コード
5108908-00-000
8173363-00-000
ISBNコード
978-4-324-11340-0
発行年月
2023/11
販売価格
3,960 円(税込み)

内容

空き家問題の解消を後押しする税務特例解説の決定版!

<本書の三大特長>
1 令和5年度税制改正&9月発出の新通達にいち早く対応 2 実際の相談事例を含めた20事例を追加 3 さらに活用しやすくなった空き家譲渡特例について最も詳しい ※令和5年度の税制改正で空き家譲渡特例について、主に次の改正が行われました。
(1)令和9年12月31日まで4年延長されました。(2)被相続人居住用家屋等の対象が拡充され、譲渡年の翌年2月15日までの間に①耐震基準に適合することとなった場合、②全部の取壊し・除却・滅失した場合、とされました。

<追加されたQ&A>
Q1-6-2 被相続人居住用家屋及びその敷地等を相続人が相続により取得した場合
Q1-9-2 空き家を信託財産により取得した場合
Q1-11-2 1次相続の登記が法定相続分での共有登記の場合
Q3-2-2 昭和56年6月1日以後に増築された場合
Q3-17-2 相続人固有の共有持分がある土地の上に、用途上可分な二以上の建築物がある場合
Q3-18-2 相続人固有の共有持分がある土地の上に、用途上不可分な二以上の建築物がある場合
Q3-19-2 老人ホーム等に入所等後に被相続人居住用家屋の敷地等の面積等に変更があった場合
Q3-20-2 被相続人居住用家屋又はその敷地等が共有の場合の適用範囲(家屋が1棟のケース)
Q4-3 違法に区分所有登記されていた場合
Q5-9 被相続人の生活の拠点が2か所あった場合
Q8-1-2 共有の場合(譲渡前に共有者死亡)
Q8-1-3 共有の場合(相続人以外の特定受遺者との共有)
Q8-9-2 敷地等の一部の交換を行った場合
Q8-12-2 家屋の取壊しを買主が行った場合(引渡し前まで)
Q8-12-3 家屋の取壊しを買主が行った場合(引渡し後)
Q8-13-2 他の相続人からの通知がなかった場合
Q10-1-2 親族(元々別居の娘婿)に対して譲渡した場合
Q10-1-3 親族(しばらく別居の娘婿)に対して譲渡した場合
Q10-2-2 親族(兄弟)に対して譲渡した場合(耐震工事して譲渡)
Q10-2-3 親族(兄弟)に対して譲渡した場合(建物取り壊して譲渡後同居)

 

目次


第1章 空き家譲渡特例の概要
第2章 Q&A 120問120答
第1節 特例対象者の範囲
第2節 過年分との適用関係
第3節 被相続人居住用家屋及び敷地等の要件
第4節 区分所有建物の範囲
第5節 被相続人が一人暮らしの要件
第6節 被相続人が一定の老人ホーム等に入所等していた場合
第7節 相続後の利用制限
第8節 譲渡対価1億円要件の判定
第9節 各種特例との競合関係
第10節 適用除外の譲渡先
第3章 空き家に係る固定資産税
第4章 必要書類
第5章 国土交通省の回答
巻末資料 参考法令

 

著者紹介


〈監修者 プロフィール〉
高橋安志(たかはし・やすし)
山形県大石田町(おおいしだまち)出身 税理士法人安心資産税会計代表税理士
(有)相続110番協議会代表取締役、(一般社団法人)安心相続相談センター理事、元(東京税理士会会員向け講師 相続アドバイザー協議会顧問)
 相続税・贈与税・譲渡税(資産税)の専門税理士として40年以上の実績から多数のノウハウ(特に小規模宅地特例・土地評価・相続後空き家譲渡特例・配偶者居住権・他)を所有し同業者からも相談される税理士法人安心資産税会計を経営。銀行・建設会社・不動産会社・証券会社・税理士等で相続税等の実務的な講演多数。資産税の各種研究会会員(TKC資産対策研究会、税理士懇話会)。平成5年10月から毎月第3土曜日に(税理士・不動産鑑定士の資産税研究会)=第3土曜会を開催。30年超主宰している。著書「よくわかる小規模宅地特例のすべて/平成7年9月」他、合計37冊。

〈著者 プロフィール〉
大塚政仁 (おおつか・まさひと)
税理士、千葉県我孫子市出身、税理士法人安心資産税会計所属、著書4冊(共著)
平田 康治(ひらた・こうじ)
税理士、青森県青森市出身、税理士法人安心資産税会計所属、著書4冊(共著)

 

図書分類

最近見た書籍

  • 税務・経営
    Q&A 空き家譲渡特例のすべて 令和6年
    3,960円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    旬刊 速報税理 2024年6月1日号
    847円(税込み)
  • 行政・自治
    月刊 ガバナンス 2024年6月号  特
    1,320円(税込み)

売れ筋書籍ランキング