行政・自治

全国初となるVRで土砂災害を疑似体験するプログラムを開発【兵庫県 神戸市】


 神戸市(154万2900人)は、バーチャルリアリティ(VR)で土砂災害を疑似体験できるプログラムを開発し、19年3月14日と15日、防火安全協会会員の市民約30人と市内中学校1年生約70人を対象に神戸市民防災総合センターで行った防災研修で初公開した。
 同プログラムは、市が推進するスタートアップの連携プロジェクト「Urban Innovation KOBE」の一環として(株)理経と協働して開発したものとなる。最新のVR技術を取り入れた体験型訓練が行えることから、関心の向きにくい若・中年層の防災学習への興味を高め、バーチャル世界への没入感や臨場感により災害に対する意識改革を図ることができると期待されている。
 実証実験を兼ねた防災研修では、参加者がVRゴーグルを装着し、仮想空間内の住宅街で自らに土石流が襲いかかってくる様子を体験した。VRによる土砂災害疑似体験の防災研修は全国初の試み。
月刊「ガバナンス」2019年5月号・DATA BANK2019より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 行政・自治
    図表で見る医療保障 令和元年度版
    2,970円(税込み)
  • 行政・自治
    公務員の言葉力(予約)
    1,760円(税込み)

売れ筋書籍ランキング