月刊 税理 2018年2月号 特集:中小企業経営に活かす資本戦略~法務と税務からのアプローチ~

編著者名
日本税理士会連合会/監修
判型
B5
商品形態
雑誌
雑誌コード
05623-02
図書コード
7114001-18-020
ISBNコード
発行年月
2018/01
販売価格
2,000 円(税込み)

内容

Webセミナー


特集:中小企業経営に活かす資本戦略~法務と税務からのアプローチ~


 企業の「資本構成の最適化」ということが最近とみに言われている。事業を遂行していく上でどれくらいの資本金が最適なのかを一義的に判断することは難しいが、対外的信用や社内経営の活性化において増資等をすることは企業の発展にとって欠かせない。一方、税務の面から見ると、資本金の小さい企業ほど税制上優遇されているのは明らかで、減資という選択も当然あり得るところである。
 本特集では、3月に集中する決算期を間近に控え、中小企業において資本戦略をどのように考え実行していくべきか、さまざまな資本戦略の手法や節税策等を紹介しつつ、検討する。


中小企業における資本構成最適化のためのアプローチ
 /税理士・公認会計士・追手門学院大学客員教授 田淵 正信

資金調達・財務健全化スキームとしての増資
 /税理士・公認会計士 辻村 茂樹

インセンティブ型役員報酬としての新株の発行
 /税理士・公認会計士 藤田 隆大

経営権の安定化のための種類株式の活用
 /税理士 上西左大信

資本金適正化のための有償減資・無償減資の選択
 /税理士 宮澤  博

税務等を考慮した資本金の考え方
 /税理士 冨永 昭雄

「資本金等の額」に係る税務と法人税・地方税の相違
 /税理士・公認会計士 今西 浩之

持合株式の解消・自己株式の取得等とその課税関係
 /税理士・公認会計士 吉田 恵子

相続対策・事業承継のための資本戦略
 /税理士 白井 一馬


【巻頭論文】

日本へ導入される一般否認規定はどうあるべきか
 /中央大学商学部教授 矢内一好

 経済協力開発機構(OECD)が進める租税回避防止措置のBEPS(税源浸食と利益移転:Base Erosion and Profit Shifting)プログラムにおいて行動計画12の「タックス・プランニングの義務的開示」の勧告により義務的開示制度(MDR:Mandatory Disclosure Rules)が創設された。本邦においてこのMDR導入時に、同時に導入することが予想されるのが、課税当局が広範な権限を有する一般否認規定(GAAR:General Anti-Avoidance Rule)である。その時、どのようなGAARが日本に導入されるのか、現行の個別規定等とも比較しながら検討する。


---------------------------------------
【実 務】
◆税務論文
 事業専従者該当性
 /税理士 加藤 久也 

◆利益計画
 映画館のモデル利益計画
 /中小企業診断士 高尾 真理

--------------------------------------
◆難問事例
[第47回] 清算型遺贈の課税関係-みなし譲渡所得に係る租税債務の承継-
 /税理士 山田 俊一

◆租税教育の課題と展望~「租税リテラシー」の醸成を求めて~(新連載)
[第1回] 租税リテラシー教育とは(座談会)
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第30回] 消費税法における「資産の譲渡」該当性
 /同志社大学研究開発推進機構及び法学部助手・税理士 佐古 麻理

◆新・検証! 非公開裁決
[第35回] 同族会社への不動産の貸付-賃貸借・使用貸借の判断
 /税理士 田代 雅之

◆国際税務支援等リレー論文
[第7回] 中国における国際電子商取引に対する税制対応
-越境ECの新関税政策実施を背景に
 /中国・中央財経大学財政税務学院教授 楊   華 

◆税務調査のための事実認定入門
[第14回] <ケーススタディ>証人の信用性①
 /渋谷法律事務所・弁護士 吉田 正毅

◆ 税理士さんのカウンセリング室
[第14回] 幸せの経済学
/冨永 英里

◆財産評価のキーポイント
[第119回] 被相続人が所有する2つの宅地(一般用定期借地権の目的たる宅地及び借地権)の評価につき、評価通達の定めによらず請求人が主張する不動産鑑定評価によることの是非が争点とされた事例(上)
 /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第20回] 事実認定と立証責任
 /税理士 佐藤 善恵・弁護士 塩津 立人

◆事業性評価・虎の巻 
[第2回] 経営の現状をビジネスモデルキャンバスに描く
 /経営承継研究会 税理士・行政書士 横田 道仁

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 第92回 順調に進む世界経済の景気回復
 /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資 

◆税理士業務のヒヤリハット 第50回 税引き後の手残り額が激減!?
 /ABC税務研究会 税理士・公認会計士 鈴木 高広

◆判決インフォメーション
 /TAINS編集室 税理士 依田 孝子

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ!
第71回 契約と異なる不動産の賃貸
 /税理士 熊王 征秀 
クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ!


◆判決から読む憲法解釈
第50回 ゴルフクラブ退会預託金の課税と租税平等主義
 /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣 

◆ 租税手続法講座
第2回 租税手続法の意義
 /香川大学法学部教授 青木  丈 

◆ 要件事実
第26回 実現しなかった並木教授の夢
 /東京高等裁判所判事 岡口 基一 

◆税金クイズ どっちが正解?
 /税理士 岩下忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄 


●政界舞台裏
第69回 憲法改正への道筋
 /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人
政界舞台裏


◆国際税務基礎用語集
ローカルファイル
  /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
第23回 “日本の麦酒王”――馬越恭平
 /作家・歴史家 加来 耕三

◆税務キャッチ・アップ
持分会社についての出資評価の留意点
 /右山研究グループ 税理士 焼山 良太

◆仮想通貨(ビットコイン)の税務
 /右山研究グループ 税理士 田中 宏志

◆ブックレビュー
 阿部泰久『法人税制~1980年代から現在までの変遷』

◆月間ダイジェスト[平成29年12月]


--------------------------------------
巻末資料
 ◆類似業種目別株価一覧 平成29年9,10月分
 ◆平成30年度税制改正大綱

別冊付録Ⅰ
 ◆平成29年分 所得税・消費税等・贈与税の申告実務

別冊付録Ⅱ
 ◆認定医療法人 制度改正のポイント

図書分類

最近見た書籍

  • 税務・経営
    月刊 税理 2018年2月号 特集:中小
    2,000円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    三段対照 廃棄物処理法法令集 平成30年
    4,320円(税込み)
  • 行政・自治
    住民課のシゴト(予約)
    2,160円(税込み)

売れ筋書籍ランキング