月刊 ガバナンス 2016年4月号 特集:計画から実行へ────問われる自治体の力量

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
ぎょうせい
判型
A4変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
13321-04
図書コード
7135001-16-040
ISBNコード
発行年月
2016/04
販売価格
1,080 円(税込み)

内容

本誌の特徴:■地方公務員の仕事をサポートし、“共感”を得られる雑誌づくりをめざしています。■自治体の“改革・改善”を応援します。■地域づくりに役立つ情報を提供し、“地域力、自治力”を高めます。■自治体現場の“政策力、実践力、発信力”を高めます。■ともに地域を創る「共治」をめざす、地域づくりに携わるすべての人々のための“自治総合情報誌”です。
年間購読をご希望の方はこちらからお求めください。  その他バックナンバーはこちらからお求めください。



特集:計画から実行へ  ──問われる自治体の力量

ほとんどの自治体が3月末までに地方版総合戦略、人口ビジョンを策定し、新年度から実行段階に移る。これまでの総合計画等も同様だが、計画は実行が伴わなければ絵に描いた餅にすぎない。計画を確実に実行し、実効性を高める自治体のあり方を考えてみたい。

■生ける計画と自治体の実行力/神原 勝 北海道大学名誉教授

神原 勝氏

総合計画は、政策を総合的に表示したたんなる政策集ではない。その「総合」には、市民自治にもとづくさまざまな政策合意手続のシステムとその周到な実行がふくまれる。それゆえに総合計画にはそれぞれの自治体の文化水準や自治能力のレベルが表現されるのである。


■実行力のある地域公共人材の養成/富野暉一郎

■計画の実効性と評価システム/山谷清志

■計画の実効性と首長の役割/西寺雅也

■総合戦略実行段階における自治体の課題/一條義治

■実効性を高める財政戦略/稲沢克祐

■住民主体の実行と自治体の役割/山浦晴男

〈インタビュー〉泉房穂・兵庫県明石市長に聞く
◆首長自身が腹をくくれば、予算のシフトは絶対に可能だ

〈取材リポート〉
◇参画・連携・協働の「ぷらっとフォーム」で総合計画の実効性を高める/東京都青梅市

スキルアップ特集:はじめて部下を持つあなたへ


新年度が始まります。はじめて部下を持つ職員の皆さんは、上司として部下をリードしながら、前向きに取り組んでいこうと張り切っていることと思います。それと同時に、不安な気持ちも抱えているのではないでしょうか。はじめて部下を持った皆さんが、どのように部下と接し、育て、仕事の成果を上げていけばよいかのヒントをお届けします。

■新任係長に贈る上司の心得/武田正孝

■部下を支え導くサーバント・リーダーシップ 5つのポイント/松山 淳

〈インタビュー〉古川裕倫さんに聞く!
◆若手リーダーに伝えたい部下の育て方

スキルアップ連載


■ファシリテーションdeコミュニケーション/加留部貴行

■クレーム対応駆け込み寺/関根健夫


──────────────────────────────────────
●Governance Topics
□日本の将来を担う「中核層」の育成をめざす
 /「ジュニア・アカデメイア」第1期生による政策提言発表会

□「地方創生と土地利用変革」をテーマに公開シンポジウムを開催/日本学術会議

□「復興とこれからの東北のまちづくり」を考える/東北OM勉強会in登米

□自殺対策基本法の改正で自治体には何が求められるのか
 /日本自殺総合対策学会フォーラム2016

□オープンデータで「子育て」などをアイデアソン/東京オープンデータデイ2016


──────────────────────────────────────
【新連載スタート!】
◆管理職って面白い!/定野 司
 履歴書ノスゝメ

◆[自殺対策最前線]「生きる支援」を、地域から/清水康之
 自殺対策基本法の改正

◆Gove Tech~デジタル時代の自治体イノベーション/後藤 浩
 ガバメント×デジタル・テクノロジー

◆自治体の防災マネジメント──地域の魅力増進と防災力向上の両立をめざして
 /鍵屋 一
 「魅力増進型防災」の提案

◆職場の問題解決!事例で学ぶ人財マネジメント講座/高嶋直人
 公務組織に求められる「人間尊重のマネジメント」

◆いい役所をつくろう!~みんなが主役の自治体改善運動
 /自治体改善マネジメント研究会・元吉由紀子
 地域に役立つ「改善」とは?

◆議会局「軍師」論のススメ/清水克士
 議会事務局は異文化社会なのか?

取材リポート


□平成にっぽんの首長 自治の自画像/ 多々見良三 京都府舞鶴市長

多々見良三 京都府舞鶴市長


 「交流人口300万人・経済人口10万人」を目標に心豊かに暮らせるまちづくり。
5年前の病院再編問題で病院長を辞職。自ら市長選に出馬し、病院再生を成し遂げた。2期目は交流人口の拡大で地方創生に取り組む多々見良三・京都府舞鶴市長に聞いた──。

多々見良三・京都府舞鶴市長。重文指定の旧海軍赤れんが倉庫群で「赤れんが、海、港を舞鶴ブランドとして情報発信している。総合戦略で3年後に交流人口300万人・経済人口10万人を達成する」と語る。



□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
  「町民を集めた学校」の曲がり角【福島県大熊町】原発事故、続く苦悩

原発が爆発して散り散りに逃げた当初、福島県大熊町は臨時の町役場を会津若松市に置き、いち早く幼稚園と小中学校を再開させた。その結果、園児・児童・生徒の半数が集まり、町民の4割が同市に集結する。離散状態になった自治体もある中で、例のない取り組みだった。あれから5年。住民は新天地を求めてばらばらになりつつある。在校生が激減した学校は「あり方」が課題になり始めた。

□現場発!自治体の「政策開発」
 「公・民・学」連携で次世代のまちづくりを推進
 ──柏の葉キャンパスタウン(千葉県柏市)

千葉県柏市は、市北部の柏の葉エリアにおいて国際学術研究都市・次世代環境都市づくりを推進している。千葉県、東京大学、千葉大学と共同で独自のまちづくり構想を策定し、民間デベロッパーや地域住民なども巻き込んで「公・民・学」連携で取り組んでいるのが特徴だ。公・民・学7団体で設置した次世代型のアーバンデザインセンターが調整役を担ってエリアマネジメントを行い、未来の都市モデルを創造している。

□人口減少・地域再生に挑む/小田切徳美・中島 聡・阿部亮介
 「ユズの村」か「普通の村」か──高知県馬路村、国勢調査で人口減少率14位の衝撃

国勢調査で、高知県馬路村のこの5年間の人口減少率が、全国で14番目の高さだったと分かった。東日本大震災の津波や原発事故による避難という特殊事情があった地区を除けば7番目だ。ユズ加工品で知られ、若者の移住者もいるだけに、「なぜ」と首をひねる人は多い。だが、馬路村もやはり「普通の村」でしかなかった。若者の流出と高齢で亡くなる人の増加は静かに進んでいたのだ。それがユズ加工の成功の陰に隠れて見えなくなっていた。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 市民とのワークショップを踏まえて「定住化促進対策に関する提言」を作成
 ──岩手県宮古市議会

岩手県宮古市議会は昨年11月13日、「定住化促進対策に関する提言」を市長に提出した。市では議会側の提言を一部取り入れて今年2月9日、人口ビジョンと地方版総合戦略を策定した。提言をまとめるに当たって議会では先進地視察や関係団体との意見交換に加え、市民とのワークショップやアンケート調査なども実施。政策提言の充実に向け、「一つのモデル」を確立しつつある同市議会を取材した。

連載


□続・アサノ・ネクスト 浅野史郎 高齢者介護と自治体の責任

□「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ/後藤好邦
 2015年度に出会った私の心に響いた3つの言葉

□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 細井平洲(五) 勇なるかな勇なるかな

──────────────────────────────────────
□ザ・キーノート/清水真人

□自治・分権改革を追う/青山彰久

□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之

□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照

□地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会

□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘

□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹

□もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク【まちづくりカフェ(川崎市)】

□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣

□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭

□リーダーズ・ライブラリ
[著者に訊く!/『県庁そろそろクビですか?──「はみだし公務員」の挑戦』円城寺雄介]

カラーグラビア

□自治・地域再興
 [元吉由紀子・自治体改善マネジメント研究会代表]

 トップダウンの改革とボトムアップの改善運動を連携しよう

元吉 由紀子氏

ほとんどの自治体で3月末までに地方版総合戦略が策定され、4月から実行段階に移る。そこで問われるのは計画を実行する力、そして改善力だ。長年にわたって自治体の組織風土改革、改善運動の支援に携わってきた元吉由紀子氏は、トップダウンの改革とボトムアップの改善運動の連携により、行政の経営力を効果的に高めていく必要性を強調する。


□山間海間/芥川 仁
 都市近郊の「百姓魂」──岐阜県羽島郡岐南町

□手業手技/大西暢夫
 和菓子のデザインを支える熟練の業──和菓子木型職人・大河原仁(東京都台東区)

□ドキュメントW──戦火の日常を撮る/綿井健陽
 今夜も乾杯!~イスラム教の酒事情

□人と地域をつなぐ──ご当地愛キャラ
 お富ちゃん(群馬県富岡市)

□クローズ・アップ
 被災しても美味しい缶詰で乗り切ろう──高知県黒潮町が3セクで防災缶詰を製造

──────────────────────────────────────
■DATA・BANK2016 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!
──────────────────────────────────────

図書分類

最近見た書籍

  • 行政・自治
    月刊 ガバナンス 2016年4月号 特集
    1,080円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    令和元年度 住民税のしおり(予約)
    140円(税込み)
  • 行政・自治
    判例から学ぶ 政務活動費の実務
    4,320円(税込み)

売れ筋書籍ランキング