在庫なし

主体的に学び意欲を育てる 教学改善のすすめ

編著者名
林 徳治、藤本光司、若杉祥太/編著
判型
A5・240ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108230-00-000
ISBNコード
978-4-324-10119-3
発行年月
2016/04
販売価格
2,530 円(税込み)

内容

明日からの授業改善に活かせる!先生のためのテキスト!

◆現役のベテラン教員から若手教員、また教員をめざす学生に向けた、これからの授業研究に役立つ一冊!

◆「教える」教員と、「学ぶ」学習者の立場を超えたボーダレスな考えを持ち、今日的なキーワードである、 アクティブ・ラーニング、情報教育、FD(ファカルティー・ディベロプメント)、IR(インスティテューショナル・リサーチ)などについて、実践例を交えながら今後の授業に活かせるよう解説しています。

*「教学改善」とは…学校での「教授」と「学習」を取り扱う総称として、教員の教育・研究活動や学習者の学習活動を効果的に行うための方策、実践、評価、改善を言います。(本書より)

目次


第1章 教学の考え方
 1.1 教学の意義
 1.2 教学の現状
 1.3 教学とコミュニケーション
 1.4 教学と教員/教える力
 1.5 教学と学習者/学ぶ力
 1.6 教学と支援
 1.7 これからの教学
 1.8 コミュニケーション実践演習の紹介
 コラム オーディエンス教育

第2章 主体的な学びの理論
 2.1 教授学習の理論  
 2.2 教育の評価 
 2.3 主体的で深い学びのための理論と方法
 コラム ラーニングコモンズ

第3章 主体的な学びの実践
 3.1 授業技術
 3.2 授業設計と学習指導案 
 3.3 授業分析と授業評価
 3.4 授業実践の事例
 コラム 子供が学びとる授業実践
 コラム PBLの実践例

第4章 主体的な学びの支援
 4.1 これからの学びの支援 
 4.2 チームワークとグループ作り(つなぐ技術) 
 4.3 学習ファシリテーション(気づかせる技術)
 4.4 学習ファシリテーションの理論

第5章 教学と情報化
 5.1 情報教育の意義
 5.2 小・中学校の情報教育 
 5.3 高等学校の情報教育
 5.4 大学の情報教育
 コラム 若者のインターネット依存
 5.5 教育の情報化
 5.6 ICTを活用した教育と効果

第6章 教学と国際化
 6.1 世界的な教育の潮流
 6.2 国際理解
 6.3 国際協力
 6.4 教育分野における国際協力
 6.5 国際教育の実践紹介
 6.6 海外子女教育

第7章 教学とFD
 7.1 FDの意義 
 7.2 FDにおけるPDCA(計画、実施、検証、改善)の方法
 7.3 FDの効果と検証
 7.4 FDの研修事例
 7.5 FDの課題と今後の取り組み

第8章 教学とIR
 8.1 IRの意義・背景・基礎理論 
 8.2 「課題・データの特定」プロセスにおけるIRのあり方
 8.3 「データの収集・管理」プロセスにおけるIRのあり方
 8.4 「データの分析」プロセスにおけるIRのあり方
 8.5 「データの報告」プロセスにおけるIRのあり方
 8.6 初等中等教育におけるIRの活用
 8.7 IRの研修事例
 8.8 教学の評価
 8.9 IRの課題と今後の取り組み

最近見た書籍

  • 教育・文化
    教学改善のすすめ
    2,530円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    実務にすぐ役立つ 改正債権法・相続法コン
    3,190円(税込み)
  • 税務・経営
    ケーススタディ税理士実務質疑応答集 個人
    2,750円(税込み)

売れ筋書籍ランキング