在庫なし

日本の美術 537号(2011年2月号) 東国の鎌倉時代彫刻 鎌倉とその周辺

編著者名
(独)国立文化財機構/監修
判型
B5変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
60071-22
図書コード
4100210-05-371
ISBNコード
発行年月
2011/01
販売価格
1,903 円(税込み)

内容


昭和41年(1966)創刊。国立博物館・文化財研究所が総力を結集して「日本の美」を追求します。古代から現代に至るまで、芸術・美術に関するテーマを特集し、日本における文化・芸術の深さを探ります。


仏像彫刻の最盛期といえる鎌倉時代の彫刻をシリーズ3冊にわたり刊行します。
今回は最終巻、東国編です(京都編、奈良編発売中)。

【内容】
鎌倉地方を中心に、武家の都として急速な発展をみせる東国(現在の関東地方周辺)。
歴史的な変動のなか幕府のもとでダイナミックな展開をみせる東国の彫刻史を、仏像彫刻を鑑賞しながら辿ります。
運慶をはじめとする当代屈指の仏師たちが東国で腕をふるうほか、一大イベントであった高徳院の大仏(鎌倉大仏)の造像、また将軍・源頼朝ら武家との関係も絡まり、東国の彫刻界は新たな時代を迎えて独特の進展をみせます。
近年発見された運慶の真作など、仏像彫刻研究の第一人者である著者の調査で発見された新情報や、およそ十年に及ぶ修理を終えた仏像など、東国各地に残る優品を多数掲載し、その全容を解説します。
【掲載図版約125点、特別寄稿「鎌倉彫刻が安置された東国寺院」(大澤伸啓氏著)を収録】

第537号 「東国の鎌倉時代彫刻 鎌倉とその周辺」
清泉女子大学教授 山本勉/著
独立行政法人国立文化財機構/監修、至文堂/編集
ISBN:978-4-324-08746-6



目次


・口絵(カラー 16ページ)
・運慶以前の鎌倉
・運慶の御家人造像
  願成就院の諸像/浄楽寺の諸像/建久年間の運慶と東国/運慶以外の御家人造像/霊験仏と東国
・運慶と運慶派工房の定着
  頼朝・義兼の死と運慶/運慶系統の仏師/伊豆山と快慶/晩年の運慶と鎌倉
・運慶派工房の継承と鎌倉大仏
  肥後定慶・蓮慶/鶴岡八幡宮寺の諸像/鎌倉大仏
・鎌倉地方彫刻の成立
  東国に定着した運慶派/極楽寺の仏像と善派/特殊な薬師如来像
・鎌倉地方彫刻の展開
  覚園寺と円覚寺の本尊/善派系統の展開/鎌倉地方彫刻の個性化/
  肖像と神像/善光寺式阿弥陀三尊像の展開/院派の進出/中世後期へ
・【特別寄稿】 鎌倉彫刻が安置された東国寺院―考古学の立場から―(大澤伸啓)







最近見た書籍

  • 教養・一般
    日本の美術 537号(2011年2月号)
    1,903円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    三段対照 廃棄物処理法法令集 平成29年
    4,320円(税込み)
  • 行政・自治
    平成29年度 住民税のしおり
    140円(税込み)

売れ筋書籍ランキング