在庫なし

日本の美術 534号(2010年11月号) 狩野一信

編著者名
(独)国立文化財機構/監修
判型
B5変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
60071-19
図書コード
4100210-05-341
ISBNコード
発行年月
2010/10
販売価格
1,903 円(税込み)

内容


昭和41年(1966)創刊。国立博物館・文化財研究所が総力を結集して「日本の美」を追求します。古代から現代に至るまで、芸術・美術に関するテーマを特集し、日本における文化・芸術の深さを探ります。


幕末、徳川家の治世が終焉を迎えようとする動乱の時代のなか、江戸画壇は最後の隆盛を極め、多くの魅力的な絵師たちが筆を競っていました。
なかでも仏画において強烈な個性を放った絵師が狩野一信です。黒船来航に大地震、幕府の衰退という、大きな混乱の時代に生み出された一信畢生の傑作「五百羅漢図」百幅は、鮮烈な色彩と陰影表現、時代に漂う不安感を写し取ったような奇異な絵柄をもち、高度な画力と感性で描きあげられた幕末期屈指の大作といえます。
増上寺(現東京都港区)に掲げられて多くの庶民の目に触れ、人々の祈りを受けてきた本作も、戦災によってしばらく公開の場を失っていましたが、近年その独特の画風と表現に注目が集まっています。
本書では五百羅漢図(百幅全図を掲載)をはじめ、現在確認されている一信の作品の多くを取り上げ、その生涯と画業を集成します。

東京国立博物館 特別展室長 松嶋雅人/著
ISBN:978-4-324-08743-5


--------------------------------------


●はじめに

●絵師への道筋
伝記と画歴(伝記/画歴)/法橋・法眼の僧綱位

●顕幽斎時代の作品
浅草寺の絵馬/源平合戦図屏風/ギメ東洋美術館の羅漢図

●成田山新勝寺の障壁画と法橋時代の作品
釈迦堂の障壁画と天井画/大黒舞図

●五百羅漢図
増上寺蔵 五百羅漢図/本所羅漢寺/幕末絵師の光と影の表現/東京国立博物館蔵 五百羅漢図
・五百羅漢図(東京・増上寺)百幅・全図

●おわりに

●参考文献

●附論 五百羅漢図の行方

●図版目録







最近見た書籍

  • 教養・一般
    日本の美術 534号(2010年11月号
    1,903円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    三段対照 廃棄物処理法法令集 平成29年
    4,320円(税込み)
  • 行政・自治
    平成29年度 住民税のしおり
    140円(税込み)

売れ筋書籍ランキング