在庫なし

国文学 解釈と鑑賞 2010年11月号 特集:正岡子規――時代を生きる

編著者名
至文堂/制作
判型
A5
商品形態
雑誌
雑誌コード
13723-11
図書コード
4100020-10-111
ISBNコード
発行年月
2010/10
販売価格
1,749 円(税込み)

内容


昭和11年(1936)創刊。上代から近・現代文学まで、文芸評論を掲載することで、その時代の文学・文藝の水準の標となっています。研究者における、参考・引用文献としても多く活用されています。


【特集:正岡子規――時代を生きる】

正岡子規は百を越す雅号を用い、漢詩文、俳句、短歌、新体詩、評論、随筆などにおいて多面的に活躍しました。特に俳句、短歌は彼を水源として今に至っています。近代の文章日本語も子規たちが基礎を作った、と司馬遼太郎は評価しました。
この特集では、時代を多面的に生きた子規を、子規にかかわった表現者の側から見つめ直しました。子規像を多面的にとらえることで、子規の活動の特色や意義がさらに鮮度を増すだろうから。

●時代を生きる子規
 ・表現と批評――子規の底力
  /俳人、佛教大学教授 坪内稔典
 ・正岡子規の画文共鳴
  /甲南大学教授 木股知史
 ・正岡子規と女性――介護の現実、団欒の夢
  /早稲田大学教授 金井景子
 ・子規の愛した『猿蓑』
  /神奈川大学名誉教授 復本一郎

●さまざまな子規
 ・愛と執着、または起風器――碧梧桐・虚子から見た子規
  /同志社大学ほか講師 青木亮人
 ・漱石、寅彦の見た子規
  /俳人、佛教大学非常勤講師 わたなべじゅんこ
 ・赤木格堂と若尾瀾水の見た子規――子規の晩年の弟子たち、その光と影
  /岡山県立大学教授、「銀化」同人 柴田奈美
 ・露伴、紅葉の見た子規
  /佛教大学大学院国文学専攻修士課程 氏居恵美
 ・鴎外、逍遙から見た正岡子規
  /佛教大学教授 坂井健
 ・絵画の力――正岡子規、浅井忠、中村不折
  /高松高等学院講師 大廣典子
 ・伊藤左千夫、斎藤茂吉の見た子規――師事といういくさ
  /佛教大学文学研究科研究員 中原幸子
 ・荻原井泉水と種田山頭火が見た正岡子規
  /佛教大学職員 舩井春奈
 ・萩原朔太郎、伊東静雄の見た子規
  /京都八幡高等学校非常勤講師 竹島千寿
 ・楽天的でデモクラティックな子規――司馬遼太郎、大江健三郎のみた正岡子規
  /「子規新報」編集長 小西昭夫
 ・「軽くて強い」指導的批評家――丸谷才一・大岡信の子規像
  /俳人、大阪府立島本高等学校指導教諭 鈴木ひさし
 ・成長神話からの救出――山本健吉と岡井隆の子規観
  /歌人 大辻隆弘

●資料と文献
 ・新資料「なじみ集」について
  /松山市立子規記念博物館館長 竹田美喜
 ・正岡子規研究文献目録
  /俳人、佛教大学非常勤講師 わたなべじゅんこ

--------------------------------------

●新刊紹介
 ・関恵実著『続・漱石 漱石作品のパロディと続編』
  /東洋学園大学教授 神田由美子
 ・平岡敏夫著『文学史家の夢』
  /ノートルダム清心女子大学教授 綾目宏治

【連載】
●『注解 色道大鏡』巻第二・寛文格
 /立教大学名誉教授 渡辺憲司

●本・人・出版社
 鈴木泉三郎の『次郎吉懺悔』(新潮社刊)、『生きている小平次』(春陽堂刊)
  /早稲田大学名誉教授 紅野敏郎







最近見た書籍

  • 教養・一般
    国文学 解釈と鑑賞 2010年11月号 
    1,749円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    地方財務判例 質疑応答集(予約)
    10,800円(税込み)
  • 教育・文化
    共生社会の時代の特別支援教育  全3巻セ
    7,128円(税込み)

売れ筋書籍ランキング