在庫なし

日本の美術 533号(2010年10月号) 琉球の金工

編著者名
(独)国立文化財機構/監修
判型
B5変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
60071-18
図書コード
4100210-05-331
ISBNコード
発行年月
2010/09
販売価格
1,903 円(税込み)

内容


昭和41年(1966)創刊。国立博物館・文化財研究所が総力を結集して「日本の美」を追求します。古代から現代に至るまで、芸術・美術に関するテーマを特集し、日本における文化・芸術の深さを探ります。


19世紀中頃まで、現在の沖縄近辺は「琉球」という一つの国家で、東アジアにおける大交易地でありました。
日本と中国の間の王国でしたが、その文化は、それらを単純に足して2で割ったものではありません。
琉球独自に製作された金工品は、ほとんどが沖縄戦で失われてしまいましたが、本書に掲載している遺宝は、著者が何年にもわたり各地の旧家を訪ねて収集した、まさに琉球の文化を読み解く重要な資料です。
本書では、琉球史の時代軸に沿いながら、刀剣や装身具等の琉球金工の多様性と独自性を紹介します。

京都国立博物館企画室長 久保智康/著
ISBN:978-4-324-08742-8


--------------------------------------


●序章
琉球金工への視点/琉球の時代区分と中国との関係

●1 銅鏡
古琉球時代の銅鏡/古琉球の「破鏡」/多彩な舶載鏡/近世琉球時代の道鏡/首里で製作された鏡

●2 甲冑
日本甲冑をまとう/琉球兜の個性

●3 刀剣
尚家伝来の刀剣/古琉球の刀剣需用と中国への移出/円覚寺のクリス/故宮に残る刀剣

●4 飾金具
浦添ようどれ出土金具の衝撃/勝連城跡出土の飾金具/浦添原遺跡の飾金具/中城御殿跡と首里城跡御内原跡出土の飾金具/円覚寺跡出土飾金具の製作地/ケーの飾金具/琉球の飾金具の特色

●5 仏具
尚泰久・尚真の仏教信仰と梵鐘/雲版と鰐口・けいす/鉦鼓とカネ/密教法具

●6 供養具
首里城跡京の内跡出土の香炉片/明代の香炉/日光東照宮と輪王寺の供養具/上江洲家の花瓶と燭台/檀王法林寺の香炉/近世琉球の供養具

●7 装身具
琉球簪と指輪/神女の金簪/神女簪の系譜/神女簪の製作年代

●8 酒器
御玉貫/盃と酒台/錫製酒器の文化/長柄銚子

●9 東道盆
故宮に残る東道盆と銀皿

●終章
琉球における金工製作/首里王府の金工工房/琉球金工の多様性と独自性

●特別寄稿
 古琉球の金工品生産と流通
  /早稲田大学琉球・沖縄研究所客員研究員 上里隆史

●主要参考文献

●図版目録





最近見た書籍

  • 教養・一般
    日本の美術 533号(2010年10月号
    1,903円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    防災ダイアリー2018(予約)
    1,350円(税込み)
  • 行政・自治
    ぎょうせいダイアリー2018 A5判(予
    1,080円(税込み)

売れ筋書籍ランキング