在庫なし

国文学 解釈と鑑賞 2010年10月号 特集:鏡像としての平安文学――価値変動の時代に

編著者名
至文堂/制作
判型
A5
商品形態
雑誌
雑誌コード
13723-10
図書コード
4100020-10-101
ISBNコード
発行年月
2010/09
販売価格
1,749 円(税込み)

内容


昭和11年(1936)創刊。上代から近・現代文学まで、文芸評論を掲載することで、その時代の文学・文藝の水準の標となっています。研究者における、参考・引用文献としても多く活用されています。


【特集:鏡像としての平安文学――価値変動の時代に】

価値変動の時代です。
リーマン・ショック以降、表面化した経済危機をうけて、上部構造をなす森羅万象に変動の波が及びつつあります。
日本はどうなるのか、文化は、文学は……。
こうした青ざめた動揺に直応して、古典文学は「否、否、否」を積極的に対置します。
なぜなら、古典は鏡なのだから。
「鏡」と「私」との間には、鏡像に特有な価値問題が胚胎しています。
本特集は、『源氏物語』および平安文学について、最強の研究前線・現代への処方箋・学界の自己仕分け・各時代の実践など、「剰余価値」の諸相を発信するものです。

●私のなかの平安文学
 ・遍歴としての文学と私
  /前静岡大学教授 関根賢司
 ・私の王権論・王権論以降1
  /東京学芸大学教授 河添房江
 ・私の王権論・王権論以降2――女一宮物語から「幻の源氏物語絵巻」まで
  /立教大学教授 小嶋菜温子
 ・私の物語方法論叙説――「どのように」語られているのか=〈語り〉と〈言説〉の分析
  /県立高知女子大学教授 東原伸明

●私たちを写す平安文学五十面鏡
 ・清少納言の写す症候群と処方箋十件
  /群馬大学教授 藤本宗利
 ・紫式部の写す症候群と処方箋十件
  /湘北短期大学教授 小森潔
 ・日記作者の写す症候群と処方箋十件
  /國學院大学ほか兼任講師 津島知明
 ・王朝和歌――正統と異端の十歌人
  /愛知県立大学教授 久富木原玲
 ・平安官僚十傑列伝
  /神戸大学教授 福長進

●学界レヴュ――平安文学研究・教育
 ・国際シンポジウムに参加して1 コロンビア大学篇
  /立教大学非常勤講師 立石和弘
 ・国際シンポジウムに参加して2 ハーバード・イェンチン研究所篇
  /駒沢大学教授 松井健児
 ・国際シンポジウムに参加して3 フランス篇
  /青山学院大学教授 高田祐彦
 ・海外の平安文学・沿革と展望1 韓国篇
  /韓国外国語大学校教授 金鍾?
 ・海外の平安文学・沿革と展望2 台湾篇
  /中国文化大学副教授 齋藤正志
 ・大学院の方針と実践1 千葉大学大学院篇
  /千葉大学教授 鈴木宏子
 ・大学院の方針と実践2 早稲田大学大学院篇
  /早稲田大学教授 陣野英則
 ・古典教育の目標と可能性
  /東京都立西高等学校教諭、國學院大学兼任講師 塚原明弘
 ・学会、学界の現況と課題
  /日本大学教授 阿部好臣

●源氏物語・平安文学の変身譜
 ・藤原定家の『源氏物語』――『無名草子』を通して見た『物語二百番歌合』
  /岡山大学教授 田仲洋己
 ・謡曲〈井筒〉にみる「喩え」の力――比喩構造としての夢幻能
  /法政大学准教授 竹内晶子
 ・江戸時代の源氏物語――リメイクの諸相
  /沖縄国際大学教授 葛綿正一
 ・谷崎潤一郎と源氏物語――『夢の浮橋』の世界
  /電気通信大学教授 島内景二
 ・青い目をした源氏供養――ライザ・ダルビー『紫式部物語』
  /青山学院女子短期大学教授 小林正明


--------------------------------------


【連載】
●書評
 西村亨著『源氏物語とその作者たち』
  /慶應義塾大学非常勤講師 伊藤好英

●『注解 色道大鏡』巻第二・寛文格
 /立教大学名誉教授 渡辺憲司

●西鶴、平山藤五の言語宇宙――譬喩・諺の世界をさぐる
 /早稲田大学名誉教授 杉本つとむ

●本・人・出版社
 近松秋江『舞鶴心中』、長田幹彦『舞妓姿』など(情話新集・新潮社刊)
  /早稲田大学名誉教授 紅野敏郎





最近見た書籍

  • 教養・一般
    国文学 解釈と鑑賞 2010年10月号 
    1,749円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    南三陸町 屋上の円陣
    1,944円(税込み)

売れ筋書籍ランキング